マイページ

全仏オープン

ジュニア女子はベンチッチが優勝。コーチはヒンギスの母親 [全仏オープン]

 全仏ジュニアの女子シングルスでベリンダ・ベンチッチ(スイス)がアントニア・ロットナー(ドイツ)を6-4 6-1で下して優勝した。ベンチッチは今年の3月に16歳になったばかりで、日本で言えば高校1年生年代。ジュニアのITF世界ランキングは2位。すでに一般のツアーにも参戦しておりWTAランキングでは366位につけている。しかし、彼女の話題はコーチがマルチナ・ヒンギス(スイス)の母親であるメラニー・モリター氏だということ。

 ベンチッチのテニスもまた、姉弟子のマルチナ譲りか自由な発想に溢れていた。リターンのポジショニングで長身のロットナーに揺さぶりをかけてみたり、ストロークでも自分からどんどんコースを変えていくプレーを見せ、パワーで勝るロットナーを振り回しての勝利だった。

(Tennis Magazine)

Photo:Switzerland's Belinda Bencic holds the trophy after winning the girls final against Germany's Antonia Lottner in two sets 6-1, 6-3, at the French Open tennis tournament, at Roland Garros stadium in Paris, Saturday June 8, 2013. (AP Photo/David Vincent)

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu