マイページ

全豪オープン

セレナは無事に3回戦へ、プリスコバ、コンタも [全豪オープン]

 オーストラリア・メルボルンで開催されている「全豪オープン」(1月16~29日/ハードコート)の女子シングルス2回戦でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、全豪優勝歴6回のノバク・ジョコビッチ(セルビア)ができなかったことをやってのけた。それは“3回戦進出”だ。ジョコビッチがワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したデニス・イストミン(ウズベキスタン)にフルセットで敗れたのと同じコートの上で、セレナはルーシー・サファロバ(チェコ)を6-3 6-4で下した。
 
 ふたりの対戦は、セレナが勝った2015年全仏オープン決勝以来のことだった。サファロバは1回戦で9つのマッチポイントをしのいで勝ち上がったが、この試合ではそのような劇的なものは何も起こらなかった。
 
 サファロバは第2セット第7ゲームでのブレークポイントでダブルフォールトをおかし、その3ゲーム後にセレナは試合に決着をつけた。
 
 セレナは次の3回戦でニコール・ギブズ(アメリカ)と対戦する。ギブズは、やはりアメリカ人のイリーナ・ファルコーニを6-4 6-1で下して勝ち上がった。
 
 第2シードのセレナは今、オープン化以降の時代で初となる「23」のグランドスラム・タイトルを獲ったプレーヤーになろうと努めている。彼女は昨年の全豪オープン決勝でアンジェリック・ケルバー(ドイツ)に敗れたが、ウィンブルドンでシュテフィ・グラフ(ドイツ)とタイとなる22番目のグランドスラム・タイトルをつかんでいた。
 
 また、全米準優勝者で第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第9シードのジョハンナ・コンタ(イギリス)も前哨戦からの好調を保ち、3回戦へ進んだ。ブリスベン国際で優勝したプリスコバは世界ランク189位のアンナ・ブリンコワ(ロシア)をわずか59分のプレーの末に、6-0 6-2で片づけた。

 「“ゾーン”(無心の絶好調状態)に入れるというのは常にいいものだわ」とプリスコバ。「でも常に向上の余地はあるものよ」。
 
 昨年、驚きの全豪準決勝進出をやってのけ、今年、前哨戦のシドニー国際で優勝したコンタは、日本のホープ、大坂なおみ(日清食品)を6-4 6-2で退け、次の3回戦で元ナンバーワンのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。
 
 WTAファイナルズ優勝者で第6シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)はシェイ・スーウェイ(台湾)を6-4 7-6(8)で下し、予選勝者のジェニファー・ブレイディ(アメリカ)は5つのマッチポイントをしのいでヘザー・ワトソン(イギリス)2-6 7-6(3) 10-8で倒した。次の3回戦でチブルコバは第30シードのエカテリーナ・マカロワ(ロシア)と、ブレイディは第14シードのエレナ・ベスニナ(ロシア)と対戦する。(C)AP

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 19: Johanna Konta of Great Britain plays a forehand in her second round match against Naomi Osaka of Japan on day four of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 19, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu