全豪オープン

ロジャーズが大会最初の大金星、世界4位ハレプはまたも1回戦敗退 [全豪オープン]

 オーストラリア・メルボルンで開幕した全豪オープン(グランドスラム/1月16~29日/賞金総額1650万3692ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)が第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6-3 6-1で破り、大会最初の番狂わせを演じた。この試合はセンターコートの開幕試合だった。

 全豪本戦でのプレーが2度目という世界ランク52位で24歳のロジャーズは、2014年全仏準優勝者で世界4位のハレプのサービスを4度ブレークした。

 ハレプが全豪の1回戦で敗れたのは2年連続で、全体を見れば4度目となる。

 ロジャーズはまだ世界108位だった昨年の全仏オープンで最終的に優勝したガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に敗れるまで、準々決勝進出という驚きの快進撃を見せていた。だが、2016年のほかの大会では2回戦までしか進めなかった。

 彼女がこれ以前にトップ10の選手に勝ったのは2014年のモントリオールで、当時8位だったユージェニー・ブシャール(カナダ)を破っている。

 「このレベルで簡単な試合などない。だから勝ち上がれてうれしいし、今日やってのけたことから自信を得ることは間違いないわ」とロジャーズ。

 一方、第7シードのムグルッサは第1セットで相手にセットポイントを与えながらしのぎ、結局マリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)に7-5 6-4で勝ったが、試合中にメディカル・タイムアウトを必要としていた。

 リオ・オリンピック金メダリストの第29シード、モニカ・プイグ(プエルトリコ)はパトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)を6-0 6-1で下し、53分で試合を終わらせた。また、ドゥアン・インイン(中国)はレベッカ・スランコバ(スロバキア)を6-3 6-4で下してこの試合も64分と、素早く試合を終わらせたグループの一つとなった。

 オーストラリアの高校生、デスタニー・アイアバの記念すべきグランドスラム初戦は予選勝者のモナ・バートル(ドイツ)に3-6 6-7(4)で敗れて終わった。メルボルンに住む16歳は、グランドスラムの本戦でプレーした初の21世紀代生まれの選手となった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Shelby Rogers of the United States celebrates winning her first round match against Simona Halep of Romania on day one of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


人気記事ランキング

PAGE TOP
menu