マイページ

全豪オープン

全豪オープンが賞金額の増額を発表

 全豪オープンが来年の大会の賞金額を280万ドル上げ、総額で3100万ドルに増額すると発表した。

 来年1月13日から26日の予定でスタートする全豪オープンの大会主催者は、各ラウンドでの賞金の分配についてはまだ明らかにしていないが、男女の賞金額は同額とされる見込みだ。
 ここ2年ですべてのグランドスラムで賞金が増額されており、ウィンブルドンはおよそ3650万ドル、全米オープンが3430万ドルで、全仏が2970万ドルとなっている。

 全豪のディフェンディング・チャンピオンはノバク・ジョコビッチ(セルビア)とビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)だが、大会の代表であるクレイグ・ティレイ氏は、来年の大会もトップ100すべての選手たちの参加を期待しているのだという。

 また、大会で3番目に大きいスタジアムであるマーガレット・コート・アリーナは2014年の大会までに固定式の屋根がつき、2015年大会までには開閉式の屋根にされる予定だという。(C)AP

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu