ATPニュース

綿貫陽介がダブルスで準優勝 [USA F14フューチャーズ]

※写真は昨年の全日本選手権での綿貫陽介

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「EAGLE LANDING テニス・クラシック」(アメリカ・フロリダ州オレンジパーク/4月17~23日/賞金総額1.5万ドル/クレーコート)のダブルス決勝で、ダニエル・ノーラン(オーストラリア)/綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)は第3シードのエバン・キング/ハンター・リース(ともにアメリカ)に6-2 5-7 [8-10]で敗れた。試合時間は1時間30分。

 綿貫はシングルスにも出場していたが、1回戦でルーカス・オラート(ドイツ)に4-6 6-7(2)で敗れて上位進出はならなかった。

 そのほかの日本勢では、内田海智(富士薬品)と中川直樹(IMG Tokyo)がシングルスに出場。第7シードの内田が準々決勝で、中川は1回戦で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準々決勝】

●8内田海智(富士薬品)[7] 6-2 5-7 3-6 ○1カルバン・エメリー(フランス)[1]

------------

【シングルス2回戦】

○8内田海智(富士薬品)[7] 7-5 6-2 ●6ルベン・ゴンサレス(フィリピン)

------------

【シングルス1回戦】

○8内田海智(富士薬品)[7] 6-0 6-4 ●7ジュニア アレクサンダー・オア(アメリカ)[Q]

●13中川直樹(IMG Tokyo)5-7 6-4 2-6 ○14カメロン・シルバーマン(アメリカ)[Q]

●19綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)4-6 6-7(2) ○18ルーカス・オラート(ドイツ)

------------------------

【ダブルス決勝】

●9ダニエル・ノーラン/綿貫陽介(オーストラリア/グローバルプロテニスアカデミー)6-2 5-7 [8-10] ○5エバン・キング/ハンター・リース(アメリカ)[3]

------------

【ダブルス準決勝】

○9ダニエル・ノーラン/綿貫陽介(オーストラリア/グローバルプロテニスアカデミー)6-4 3-6 [12-10] ●16アレックス・ローソン/エリック・キグリー(アメリカ)[2]

------------

【ダブルス準々決勝】

○9ダニエル・ノーラン/綿貫陽介(オーストラリア/グローバルプロテニスアカデミー)7-6(3) 6-4 ●12ルベン・ゴンサレス/ティム・コピンスキー(フィリピン/アメリカ)[4]

------------

【ダブルス1回戦】

●6中川直樹内田海智(IMG Tokyo/富士薬品)1-6 2-6 ○5エバン・キング/ハンター・リース(アメリカ)[3]

○9ダニエル・ノーラン/綿貫陽介(オーストラリア/グローバルプロテニスアカデミー)6-3 5-7 [11-9] ●10Julien CAGNINA/カルバン・エメリー(ベルギー/フランス)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は昨年の全日本選手権での綿貫陽介

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu