ATPニュース

サービス好調の錦織が、ビッグサーバーのミュラーを粉砕して3年連続の4回戦へ [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/本戦3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の本戦6日目、シングルスはドローのボトムハーフ(下半分)の3回戦が行われ、第4シード錦織圭(日清食品)は世界ランク28位のジル・ミュラー(ルクセンブルク)を6-2 6-2で一蹴。3年連続の4回戦に駒を進めた。

   ◇   ◇   ◇

 安心ムードの源はサービスにあった。

 リオ(ATP500)での1回戦敗退からこれまで、「サーブの調子を戻すことが大事だったので、サーブの練習は重点的にやっていた」と錦織。少なくともこの3回戦では成果が出た。第1セットのファーストサービスの確率は95%で、そのうちの75%をポイント獲得につなげた。

 心地好いサービスキープはリターンゲームに費やせる余力を生む。193cmと長身のミュラーは昨シーズン記録したエースの数でツアー3位というビッグサーバーだが、錦織は第3ゲームと第5ゲームでいずれもデュースのあとブレークに成功。スピンをかけて高く弾ませるボールが効果的だったと、試合後は満足顔を垣間見せた。

 ミュラーとの前回の対戦は昨年10月のバーゼル( ATP500で)の準決勝で、第2セットでマッチポイントを握られながらの逆転勝ちだった。3セットで計20本のサービスエースを奪われている。

 この日も立ち上がりのゲームで時速200km近いサービスエースを3本決められ、前回の対戦の記憶が蘇ったというが、「徐々にファーストが入らなくなってきたので、自分のリターンで攻めることができた」と振り返った。

 第2セットになると錦織のファーストサービス確率も64%まで落ち、その分、サービスキープ多少てこずるゲームもあったが、第1ゲームで先にブレークしていたことでプレッシャーは大きくなかったはずだ。第6ゲームで一度ブレークバックのピンチをしのいだあとの第7ゲームで、2度のデュースの末にブレーク。ミュラーのアドバンテージから3ポイント連続のダブルフォールトだった。

 最後のゲームは40-15からのサービスウィナー。試合を通じたファーストサービスの確率が50%を切ったミュラーから、わずか1時間11分で勝利を奪った。

 波乱が相次ぐ今大会。第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が初戦となる2回戦で予選を勝ち上がったのバセック・ポスピショル(カナダ)に敗れたのがもっともショッキングだったが、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第7シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)も初戦で敗れた。錦織の4回戦の相手もシード勢が順当に勝ち上がれば第14シードのルカ・プイユ(フランス)と第23シードのサム・クエリー(アメリカ)の勝者だろうと予想されたが、その両方を倒してドナルド・ヤング(アメリカ)が勝ち上がってきた。

 対ヤングはこれまで錦織の4勝0敗。ミュラー同様に左利きだが、「まったくタイプが違う。よりラリーは長くなるだろうし、その中でも攻めてくる選手。ストローク戦がしっかりできるので、コンディションに慣れるという意味ではいい相手」と分析した。さらに先を見据えたテーマをさらりと口にする錦織に、このところ囁かれていた〈スランプ〉の影は見えない。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

※写真は「BNPパリバ・オープン」の4回戦に進出した第4シードの錦織圭(日清食品)
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 14: Kei Nishikori of Japan waves to the crowd after his straight sets victory against Gilles Muller of Luxembourg in their third round match during day nine of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu