マイページ

ATPニュース

錦織はエバンズに快勝、苦手のコンディションも「好きだと思うようにした」 [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/本戦3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の本戦4日目、男子シングルスはボトムハーフの2回戦が行われた。これが初戦となる第4シード錦織圭(日清食品)は、世界ランク41位のダニエル・エバンズ(イギリス)に6-3 6-4で快勝。リオ(ATP500)での1回戦負けのショックは引きずらず、3回戦に駒を進めた。

 まずはホッとひと安心といった心境だ。

 全豪オープンからこの大会までの間に南米のクレー2大会をはさんだ錦織は、いずれも第1シードとして臨みながら準優勝と1回戦敗退という結果に終わり、特にメンタル面の回復具合が懸念されていた。

 この2回戦は錦織の初戦となるが、相手のエバンズは1回戦で世界ランク82位のダスティン・ブラウン(ドイツ)に圧勝したばかりか、アンディ・マレー(イギリス)とのダブルスでも初戦突破。コートにも慣れ、勢いに乗っている。このところの成長著しく、1年前のランキングは150位台だったが、今年シドニーでツアー初の決勝に進出し、全豪オープンではグランドスラム自己最高の4回戦に進出。キャリア最高の時期を楽しんでいると言っていいだろう。錦織にとっては2013年の全米オープン1回戦で敗れた相手でもある。嫌な記憶だ。

 ただ、傍目の心配をよそに、錦織自身は「しっかり練習できているし、ネガティブなことを考えたとしたら10%くらい」と話し、南米からの流れに関しても「2、3日は引きずりましたけど、意外と早く忘れた」と振り返った。

 立ち上がりのサービスゲームこそ、ダイナミックなフォームから強気で攻めてくるエバンズにいきなりブレークダウンを喫したが、すぐにブレークバックできたことで落ち着いたという。

 「少しは焦りもありましたけど、爆発力があってネットプレーも上手いことはわかっていたので」

 第8ゲームで3度のデュースの末にブレークし、サービング・フォー・ザ・セットは2度のデュースのあとに締めくくった。

 第2セットは錦織が先にブレークしてすぐにエバンズがブレークバックと、第1セットと逆の展開で始まった。しかし、その後の錦織のサービスゲームは安定し、第4ゲーム、第6ゲームと続けてラブゲームでのキープ。ネットに出て早くポイントを終わらせようとするエバンズに対し、パッシングショットが正確に決まり出した。サービスでリズムをつくり、ブレークにつなげたのが第9ゲーム。反撃は許さなかった。

 終わってみれば1時間25分の快勝。しかし相変わらず、ここで使用されているコートもボールも好きではないという。ボールが高く弾み、飛びの感覚もつかみにくいと、不満をこぼす選手は少なくないが、「無理やり好きだと思うようにしていたところはある」と錦織。苦手と言いつつ昨年はベスト8まで進んだ。

 3回戦の相手は、第25シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)。左利きの33歳で、彼もまた今年になってツアー初優勝を果たし、自己最高ランキングを更新するなど、息の長い選手である。過去の対戦成績は錦織の3勝。直近となる昨年のバーゼル(ATP500)ではフルセットの接戦だったが、好きなコンディションでなら負けないはずの相手だ。〈思い込み〉をどんどん深めていきたい。

テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

※写真は「BNPパリバ・オープン」の初戦でダニエル・エバンズ(イギリス)にストレート勝利をおさめた錦織圭(日清食品)
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 12: Kei Nishikori of Japan waves to the crowd after his straight sets victory against Dan Evans of Great Britain in their second round match during day seven of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 12, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu