ATPニュース

今年最初のマスターズが9日開幕、錦織は第4シード、ビッグ4も顔を揃える [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで9日に開幕する「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/3月9~19日/賞金総額699万3450万ドル/ハードコート)の男子シングルス・ドローが発表された。

 世界1位のアンディ・マレー(イギリス)、2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、3位のスタン・ワウリンカ(スイス)、5位の錦織圭(日清食品)をはじめ、トップ10から4位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を除く9選手が出場する。1月の全豪オープンで18度目のグランドスラム優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)は第9シード、準優勝のラファエル・ナダル(スペイン)は第5シードで出場し、マレー、ジョコビッチとともに“ビッグ4”が顔を揃える大会となった。

 錦織は第4シードをつけ、初戦がBYE(免除)で2回戦からの登場となる。対戦相手はダスティン・ブラウン(ドイツ)とダニエル・エバンズ(イギリス)の勝者。

 錦織はドローのボトムハーフ(下半分)の上半分におり、錦織の次にシード順位が高い選手はマリン・チリッチ(クロアチア)となる。両者は勝ち上がった場合、準々決勝で対戦する。

 また、ドローのボトムハーフ(下半分)の下半分には、グランドスラム優勝経験者が4人顔を揃えることになった。第2シードのジョコビッチ、第5シードのナダル、第9シードのフェデラー、そして、第31シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)だ。

 この4分の1ブロックにはほかに第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)、19歳で第18シードのアレクサンダー・ズブレフ(ドイツ)もいる。

 ナダルとフェデラーは4回戦で、デル ポトロとジョコビッチは3回戦で顔を合わせる可能性がある。

◇   ◇   ◇

【男子シングルス・ドロー表(シード選手のみ)】※シングルスは96ドロー、以下はシード選手のみ ※[ ]数字はシード順位

アンディ・マレー(イギリス)[1]
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[30]


ダビド・ゴファン(ベルギー)[11]

パブロ・クエバス(ウルグアイ)[27]

----------

スタン・ワウリンカ(スイス)[3]

イボ・カルロビッチ(クロアチア)[19]

ガエル・モンフィス(フランス)[10]
ジョン・イズナー(アメリカ)[20]

ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)[29]
ドミニク・ティーム(オーストリア)[8]

--------------------

マリン・チリッチ(クロアチア)[6]

ジャック・ソック(アメリカ)[17]
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[12]

ルカ・プイユ(フランス)[14]
サム・クエリー(アメリカ)[23]

ジル・ミュラー(ルクセンブルク)[25]
錦織圭(日本/日清食品)[4]

----------

ラファエル・ナダル(スペイン)[5]

スティーブ・ジョンソン(アメリカ)[24]

ニック・キリオス(オーストラリア)[15]

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2]



※写真は今年最初のマスターズ「BNPパリバ・オープン」男子シングルスの公開抽選の様子。抽選会をアシストした選手はビヨン・フラタンジェロ(アメリカ/左)とライアン・ハリソン(アメリカ/中央)。
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 07: ATP players Bjorn Fratangelo and Ryan Harrison assist with the men's draw during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 7, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu