ATPニュース

クエリーがゴファンに勝利、西岡はナダルとの準々決勝へ [アビエルト・メキシカーノ・テルセル]

 メキシコ・アカプルコで開催されている「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(ATP500/2月27日~3月4日/賞金総額149万1310ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、サム・クエリー(アメリカ)が第5シードダビド・ゴファン(ベルギー)を6-2 6-3で破り、準々決勝に進出した。

 昨年の大会で準決勝に進出している29歳のクエリーは、次のラウンドで前年度覇者で第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)とアドリアン・マナリノ(フランス)の勝者と対戦する。

 クエリーは7本のサービスエースを決め、わずか1時間あまりでゴファンを片付けた。世界ランキング11位のゴファンは2月のロッテルダム(ATP500)の決勝でジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に敗れたものの、力強いパフォーマンスを披露したばかりのところだった。

 第6シードのニック・キリオス(オーストラリア)はドナルド・ヤング(アメリカ)を6-2 6-4で下した。キリオスは次に、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

 第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は同胞のボルナ・チョリッチ(クロアチア)を6-3 2-6 6-3で倒した。世界8位のチリッチにとって、これは2大会連続の準々決勝進出となる。彼は次のラウンドでエルネスト・エスコビード(アメリカ)対スティーブ・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。
 
 日本の西岡良仁(ミキハウス)はジョーダン・トンプソン(オーストラリア)を6-4 3-6 6-0で下して準々決勝進出を決めた。前日には第7シードのジャック・ソック(アメリカ)を破っての勝ち上がりだ。

 西岡の次の相手は、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)となった。ナダルは2回戦でパオロ・ロレンツィ(イタリア)を6-1 6-1、わずか66分で下した。ナダルはロレンツィのサービスを5度ブレークして相手には一度もブレークポイントを与えず、自身のサービスゲームでは7ポイントしか落としていない。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」で第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を破り、準々決勝に進出したサム・クエリー(アメリカ(写真は1月のオーストラリアでのもの)
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Sam Querry of the United States plays a backhand in his first round match against Quentin Halys of France on day one of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu