ATPニュース

マレーがガルシア ロペスを破り、準々決勝進出 [ドバイ・デューティーフリー選手権]

 アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「ドバイ・デューティーフリー選手権」(ATP500/2月27日~3月4日/賞金総額242万9150ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第1シードアンディ・マレー(イギリス)がギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)を6-2 6-0で下して準々決勝に進出した。

 先月の全豪オープン4回戦で敗れて以来の大会出場となるマレーは帯状疱疹を病んでいたにも関わらず、錆び付いている様子はまったく見せなかった。

 実際、マレーは世界ランク97位のガルシア  ロペスを倒すのに72分しか必要としなかった。第1セットの最初のゲームで30-40とこの試合で一度だけ相手にブレークポイントを握られたがセーブし、そのあとは何の危険にも遭遇しなかった。

 マレーはガルシア ロペスのサービスを5回ブレークし、最初のブレークは第1セットの第4ゲームで起きた。

 「早めのブレークに成功したときは試合に入ってから30分くらい経った頃だったと思うが、僕らはまだ4ゲームしかプレーしていなかった。精神的に、あの段階でリードできたということが僕にとっては重要だった」とマレー。「おかげでそのあと硬さがとれてのびのびと、とてもいいプレーをすることができた」。

 第2セットのマレーは自身のサービスゲームで1ポイントしか落とさなかった。

 マレーは次の準々決勝でフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。コールシュライバーはダニール・メドベデフ(ロシア)を6-4 6-4で下して勝ち上がった。

 「僕らは対戦するたびに接戦となっている」とマレーはコールシュライバーについて言った。「彼は才能のある男だ。コートのアングルをうまく使う。またスピンを駆使してプレーするんだ」。

 第4シードのガエル・モンフィス(フランス)はダニエル・エバンズ(イギリス)に対して非常に苦労したものの、結局、6-4 3-6 6-1で勝利をおさめて準々決勝に進出した。彼は次に左利きのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。

 同胞対決となった2回戦で、ベルダスコは第6シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-4 3-6 7-5で下す番狂わせに成功した。

 一方、第7シードのルカ・プイユ(フランス)は予選勝者のマリウス・コピル(ルーマニア)を6-1 6-4で下した。プイユは次のラウンドで、ロジャー・フェデラー(スイス)を3-6 7-6(7) 7-6(5)で倒すという大番狂わせに成功した予選勝者のエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)と対戦する。

 また、ロビン・ハッサ(オランダ)が第5シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を3-6 6-3 6-4で下すという番狂わせを演じた。ハッサは準々決勝で、マルセル・グラノイェレス(スペイン)を6-3 6-4で下したダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ドバイ・デューティーフリー選手権」で準々決勝に進出した第1シードのアンディ・マレー(イギリス)
Photo: DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - MARCH 01: Andy Murray of Great Britain plays a forehand during his second round match against Guillermo Garcia-Lopez of Spain on day four of the ATP Dubai Duty Free Tennis Championship on March 1, 2017 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu