マイページ

ATPニュース

サンティラン晶は1回戦で前週4強の18歳ルードに敗退 [ブラジル・オープン]

 「ブラジル・オープン」(ATP250/ブラジル・サンパウロ/2月27日~3月5日/賞金総額45万5565ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、サンティラン晶(日本)はキャスパー・ルード(ノルウェー)に4-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間13分。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て今大会に初出場を果たしたサンティランは、予選を突破した前週のデルレイビーチ(ATP250/ハードコート)に続く今季2度目のATPツアー本戦出場。18歳のルードは前週のリオデジャネイロ(ATP500/クレーコート)で初のツアー4強入りを果たし、世界ランク自己最高の133位で今大会を迎えていた。

 両者はジュニア時代の2013年6月にオーデンセ(ITFグレード4/クレーコート)の1回戦で初対戦しており、サンティランが3-6 6-4 6-2で勝っていた。

 ルードは2回戦で、第7シードフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)と対戦する。デルボニスは1回戦で、ヨセフ・コバリク(スロバキア)を6-4 7-6(5)で下しての勝ち上がり。


※写真は昨年の楽天ジャパンオープンの予選でのサンティラン晶

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu