ATPニュース

トップシードの錦織が初戦でベルッチに敗れる波乱 [リオ・オープン]

 ブラジル・リオデジャネイロで開催されている 「リオ・オープン」(ATP500/2月20~26日/賞金総額146万1560ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、第1シード錦織圭(日清食品)が地元ブラジルのトーマス・ベルッチに4-6 3-6で敗れるという波乱が起きた。

 先の日曜日に「アルゼンチン・オープン」の決勝で敗れていた錦織は、第1セットを落としたあとフラストレーションからラケットをレッドクレーに叩きつけた。状況は少しもよくならなかった。錦織は第2セットの第1ゲームでサービスをブレークされ、一度も体勢を立て直して巻き返すことができなかった。

 世界ランク76位とランキングこそはるかに下だが、ベルッチは当たると怖いクレー巧者。ツアー大会での唯一の対戦だった2015年全仏オープン1回戦では、錦織が7-5 6-4 6-4と競り合った末のストレートセットで勝っていた。それ以前の対戦は2007年コロンビア・ボゴタのチャレンジャー大会で、ベルッチが6-3 3-6 6-3で競り勝っていた。

 ちなみに錦織は昨年のメンフィスに優勝して以来、6度のシングルス決勝のすべてで敗れている(マイアミ、バルセロナ、トロント、バーゼル、ブリスベン、ブエノスアイレス)。

 また、第6シードのダビド・フェレール(スペイン)が先週の「アルゼンチン・オープン」で錦織を破って優勝したアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に4-6 4-6でストレート負けした。さらに、第7シードのパオロ・ロレンツィ(イタリア)はフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)に6-4 1-6 4-6で敗れ、前日に負けた第3シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)に続き、この日もシード敗退が続出した。

 一方、第4シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、第5シードのアルベルト・ラモスビノラス(スペイン)はストレートセットで勝ち上がった。カレーニョ ブスタはジョアン・ソウザ(ブラジル)を6-3 6-2で、ラモス ビノラスはステファン・ロベール(フランス)を6-2 6-0で下した。
 
 第2シードのドミニク・ティーム(オーストリア)はこの日最後の試合で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)を6-4 7-5で倒して2回戦に進んだ。(C)AP

※写真は「リオ・オープン」初戦でトーマス・ベルッチ(ブラジル)に敗れた第1シードの錦織圭(日清食品)
Photo: RIO DE JANEIRO, BRAZIL - FEBRUARY 21: Kei Nishikori of Japan returns a shot to  Thomaz Bellucci of Brazil during the ATP Rio Open 2017 at Jockey Club Brasileiro on February 21, 2017 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Buda Mendes/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu