マイページ

ATPニュース

3連覇を目指すガスケが準決勝に進出 [南フランス・オープン]

 フランス・モンペリエで開催されている「南フランス・オープン」(ATP250/2月6日~12日/賞金総額48万2060ユーロ/室内ハードコート)のシングルス準々決勝で、2年連続でこの大会を制したディフェンディング・チャンピオンのリシャール・ガスケ(フランス)がビッグサーバーのケニー・デ シェパー(フランス)に6-2 5-7 6-4で競り勝ち、ベスト4に進出した。
 
 世界ランキング162位で左利きのデ シェパーは16本のサービスエースを記録したが、同時にサービスゲームに弱さも見せて22本ものブレークポイントを献上。ガスケはそのうち5本をものにし、それらのブレークが勝負を分けることになった。

 第3シードのガスケは準決勝で、同胞のブノワ・ペール(フランス)と対戦する。ガスケはペールとの過去の対戦成績で3勝0敗とリードしている。
 
 ペールはダスティン・ブラウン(ドイツ)が準々決勝の出だしに棄権したため、ほとんど試合を行わずに勝ち上がりを決めた。ペールがブラウンの最初のサービスを破り、1-0となったところでブラウンが棄権。ブラウンは2回戦で第1シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を破っていたが、背中下部の故障に苦しめられていたという。
 
 もうひとつの準決勝は、第2シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と19歳で第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)という顔合わせに決まった。
 
 ツォンガはダニール・メドベデフ(ロシア)に対して7本のサービスエースを決め、一度もメドベデフにブレークポイントを与えずに6-2 7-5で下した。メドベデフのサービスを3度ブレークしたツォンガは前日の試合でファーストサービスからのポイントの95%を取っていたが、この日はそれを上回る96%の高確率を見せた。
 
 一方、ズベレフはジェレミー・シャルディ(フランス)に対して13本のサービスエースを決め、6-4 4-6 6-2で下して準決勝に駒を進めた。(C)AP

※写真は「南フランス・オープン」で準決勝に進んだフランスのリシャール・ガスケ(写真は2月のデビスカップでのもの)
Photo: TOKYO, JAPAN - FEBRUARY 2: Richard Gasquet of France during practice ahead of the World Group Davis Cup tie between Japan and France at Ariake Colosseum on February 2, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu