ATPニュース

ツォンガとガスケが準々決勝へ [南フランス・オープン]

 フランス・モンペリエで開催されている「南フランス・オープン」(ATP250/2月6日~12日/賞金総額48万2060ユーロ/室内ハードコート)のシングルス2回戦で、第2シードのジョーウィル フリード・ツォンガ(フランス)が同胞のピエール ユーグ・エルベール(フランス)をわずか45分しかかけずに6-1 6-2で粉砕し、準々決勝に駒を進めた。

 元全豪準優勝者のツォンガは現在、世界ランク14位。ダブルス・スペシャリストのエルベールはダブルスでは2位だが、シングルスは96位。

 ツォンガが7本のサービスエースを放ち、ファーストサービスからのポイントを試合を通して1度しか落とさずに95%の高確率で取ったことからも、ふたりが張り合える内容ではなかったことがわかる。ツォンガはエルベールのサービスを7度ブレークし、自身は一度も相手にブレークポイントを与えなかった。

 準々決勝でツォンガは20歳のダニール・メドベデフ(ロシア)と対戦する。メドベデフは第8シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を6-3 6-3で下して勝ち上がった。この試合のメドベデフはベルダスコのサービスゲームで4度のブレークチャンスをつかみ、そのすべてをものにした。

 第3シードのリシャール・ガスケ(フランス)とブノワ・ペール(フランス)もベスト8入りした。ガスケはマレク・ジャジリ(チュニジア)に対して5度のサービスブレークに成功し、7-5 6-2で勝利。一方、ペールは第5シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を6-4 7-6(5)で下した。
 
 サービスの調子がよかったペールは14本のサービスエースを決め、ロペスのサービスゲームで16度のブレークチャンスをつかみ、そのうち2つをものにした。ペールは次のラウンドでダスティン・ブラウン(ドイツ)と対戦する。ブラウンは2回戦で第1シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-4 6-4で倒している。

 ガスケは準々決勝で、イリヤ・マーチェンコ(ウクライナ)を7-6(9) 7-6(2)を倒して勝ち上がった予選勝者のケニー・デ シェパー(フランス)と対戦する。
 
 19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はアルヤズ・ベデネ(イギリス)に7-5 3-6 6-4で競り勝って準々決勝進出を決めた。彼の次の相手はジェレミー・シャルディ(フランス)。シャルディは同胞のポール アンリ・マチュー(フランス)を3-6 6-1 6-4で倒して勝ち上がった。
 
 全豪オープン3回戦で14回グランドスラム大会を制したラファエル・ナダル(スペイン)を5セットの激戦に引きずり込んだズベレフはベデネから10本のサービスエースを奪ったが、同時に15本のブレークポイントに直面。そのうち11本をしのいだものの、絶好調とは言えなかった。(C)AP

※写真は「南フランス・オープン」で準々決勝に進んだフランスのジョーウィル フリード・ツォンガ(写真は1月の全豪オープンでのもの)
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 24: Jo-Wilfried Tsonga of France looks on between games in his quarterfinal match against Stan Wawrinka of Switzerland on day nine of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 24, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu