ATPニュース

ジョコビッチが試合後、相手ゼバロスの希望で記念撮影に応じる [カタール・エクソンモービル・オープン]

 カタール・ドーハで開催されている「カタール・エクソンモービル・オープン」(ATP250/1月2~7日/賞金総額123万7190ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、前年度覇者で第2シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第1シードのアンディ・マレー(イギリス)がともにストレート勝ちをおさめ、準々決勝に進出した。

 ジョコビッチは6-3 6-4で勝利したあと、対戦相手のホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)にセルフィーで一緒に写真を撮らせてほしいと頼まれて要望に応じた。

 「セルフィを撮るのは終わりだ、とあえて言っておくよ。キャリアを通してこのようなことを経験したのは初めてだ」とジョコビッチはコート上で言った。「だからホレイショ、よくやったよ。この写真はまたとないものだ」。

 マレーは元世界8位のユルゲン・メルツァー(オーストリア)の弟、ジェラルド・メルツァー(オーストリア)に対して厳しい戦いを強いられたが、7-6(6) 7-5で接戦を制して準々決勝に駒を進めた。

 「彼は本当に素晴らしいプレーをした。彼は試合の大部分で優勢を保っていたよ」とマレー。実際、マレーはこの試合の大部分でディフェンスに回っていた。「彼はことを僕にとってこの上なく困難にした。今日、2セットで切り抜けられたのはちょっとラッキーだったよ」。

 マレーはまた、「彼はいわゆる世界69位の選手というよりも、はるかにいいプレーをしていたと思う」とも言い添えた。

 第1セットでマレーは最終的にメルツァーがフォアハンドをミスしてセットを譲り渡す前に、9つのセットポイントを必要とした。第2セットでメルツァーは自分のサービスゲームで2つのマッチポイントをしのぎ、それからブレークして5-5と追いついた。

 マレーはメルツァーのサービスゲームだった第11ゲームで4度目のブレークポイントをものにしてブレークを果たし、次のゲームでは3度目のマッチポイントで勝利を決めた。

 「今日の試合は現在の男子テニス界の層の厚さを示す完璧な例だった」とマレー。「僕は実際、かなりいいテニスをしていたと思う。でも彼はフォア、バック両方のサイドから強烈なボールを打ち込んできた。僕はこれから一つ残らず、すべての試合で戦う準備ができている必要があると思った」。

 過去に今大会で2度優勝しているマレーは、次の準々決勝でニコラス・アルマグロ(スペイン)と対戦する。

 一方、ジョコビッチは一度もゼバロスに対してブレークポイントを与えなかったが、ゼバロスのサービスに対しては各セットで1度ずつブレークを果たしたにすぎなかった。

 「果敢なテニスをしたゼバロスの功績だよ」とジョコビッチは言った。「彼はコート内に踏み込み、攻撃的なショットを打とうと努めていた。彼はベースラインの後ろに下がって、ただ返していただけではなかった」。

 ジョコビッチは準々決勝で、予選を勝ち上がったベテランのラデク・ステパネク(チェコ)と対戦する。

 2006年7月に世界8位まで上がったことのある38歳のステパネクは、1995年のハレで42歳にしてベスト8に進んだジミー・コナーズ(アメリカ)に次いで年齢の高いATPツアーの準々決勝進出者だ。ステパネクはアルチュール・デ グレーフ(ベルギー)を6-3 6-2で倒して勝ち上がった。

 また、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)が第4シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を6-1 7-6(6)で下す番狂わせを演じた。ベルダスコは準々決勝で第6シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)と対戦する。

 そのほかの準々決勝の顔合わせは、第3シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と第5シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)となった。ベルディヒはイリ・ベセリ(チェコ)を7-6(5) 1-6 6-1で、ツォンガはダスティン・ブラウン(ドイツ)を6-1 6-3で下して勝ち上がった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はカタール・エクソンモービル・オープンでベスト8入りしたセルビアのノバク・ジョコビッチ(写真は2016年11月のもの)
Photo: LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 20: Novak Djokovic of Serbia walks out onto court prior to the Singles Final against Andy Murray of Great Britain at the O2 Arena on November 20, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu