ATPニュース

ジョコビッチの初戦はスロースタート「でも正しい軌道上にある」 [カタール・エクソンモービル・オープン]

 カタール・ドーハで開催されている「カタール・エクソンモービル・オープン」(ATP250/1月2~7日/賞金総額123万7190ドル/ハードコート)で、前年度覇者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)がスロースタートを乗り越え、ヤンレナード・ストルフ(ドイツ)を7-6(1) 6-3で倒して2017年最初の試合を勝利で飾った。

 第2シードのジョコビッチは第1セットで一時0-4とリードを奪われたが、そこから挽回して5-5に追いつき、本来の調子を取り戻したタイブレークでは世界ランク63位のストルフにわずか1ポイントしか与えなかった。

 「エンジンをかけるのに、より時間が必要だったようだ」とジョコビッチ。「これは年の最初の試合だ。どんなスタートになるか、決してわからないものだよ。僕はあまり足が動いておらず、またストルフがいいサービスを打ち込み、ベースラインからボールを叩いてアグレッシブにプレーしていたことも褒めてしかるべきだろう」。

 世界2位のジョコビッチは第2セットの第1ゲームと最終ゲームでブレークを果たし、試合に終止符を打った。

 「やっていくうちにリズムをつかみ、彼のサービスのコースを読めるようになっていくと信じていたから、僕は落ち着きを保っていた。そして、実際そんなふうになったんだ」とジョコビッチは言った。

 「間違いなく、もっといいプレーはできる。でも、繰り返すけど、これは今年最初の試合なんだ。最初の試合でトップの調子になれないことはわかっている。でもこの過程は、正しい軌道上にあると思うよ」

 ジョコビッチは次のラウンドで、フロリアン・マイヤー(ドイツ)を6-7(3) 6-4 7-6(9)の激戦の末に下して勝ち上がったホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)と対戦する。

 第4シードのダビド・ゴファン(ベルギー)はロビン・ハッサ(オランダ)を7-6(4) 6-2で下して2回戦に駒を進めた。

 一方、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)は3日に、世界69位のジェレミー・シャルディ(フランス)と対戦する。昨年末にジョコビッチから世界1位の座を奪ったマレーは、2日にマリウシュ・フィルステンベルグ(ポルトガル)と組んでダブルスをプレーし、ダビド・マレーロ(スペイン)/ネナド・ジモニッチ(セルビア)に2-6 4-6で敗れた。(C)AP

※写真はカタール・オープンで2017年初戦を勝利で飾ったノバク・ジョコビッチ(写真は2016年11月のもの)
Photo: LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 19: Novak Djokovic of Serbia celebrates defeating Kei Nishikori of Japan during their men's singles semi final on day seven of the ATP World Tour Finals at O2 Arena on November 19, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu