ATPニュース

チリッチが錦織をストレートで破り、ATPファイナルズ出場へ近づく [スイス室内]

 スイス・バーゼルで開催された「スイス室内」(10月24~30日/賞金総額170万1320ユーロ/室内ハードコート)のシングルス決勝で、マリン・チリッチ(クロアチア)が日本の錦織圭(日清食品)をストレートで下して優勝を遂げた。この試合は2014年全米オープン決勝の再現でもあった。
 
 第4シードのチリッチは6-1 7-6(5)で第3シードの錦織を倒す過程で第1セットを25分の早さで取り、最後は錦織のダブルフォールトのおかげで勝利をものにした。

 チリッチにとってシーズン2度目、キャリア16度目となるこのタイトルは、彼がロンドンで行われる「ATPファイナルズ」の最後の出場権を獲得する可能性を強めることとなった。

 バーゼルの開始時に12位だったチリッチはこの勝利によってトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を追い抜き、10位となった。8人のトップ選手が出場できる「ATPファイナルズ」のメンバーのラインナップは、月曜日から始まる「BNPパリバ・マスターズ」(ATP1000)の結果で決められることになる。現時点でトップ10のうち、すでに6位のラファエル・ナダル(スペイン)と9位のロジャー・フェデラー(スイス)がシーズンを終了し、出場しないことが確定している。
 
 日曜日の決勝はここ10年で初めて地元の寵児、フェデラーが不在のタイトル決定戦だった。バーゼルで7度優勝しているフェデラーは、故障のため早めにシーズンを終わらせた。

 チリッチは8月のシンシナティのハードコートでも優勝している。過去3シーズンで獲得した7つのシングルス・タイトルのすべてがハードコート上でのものだ。その中でもっとも重要なものは、彼にとって唯一のグランドスラムでの勝利だ。彼は2014年の全米オープン決勝で錦織を6-3 6-3 6-3で破って優勝している。

 チリッチとの対戦成績でまだ7勝5敗とリードしている錦織だが、彼は第2セット5-4から第3セットに勝負を持ち込むための3つのチャンスを棒に振ってしまった。(C)AP

Photo: BASEL, SWITZERLAND - OCTOBER 30: Marin Cilic of Croatia holds the trophy as he celebrates his victory next to runner up Kei Nishikori of Japan during the Swiss Indoors ATP 500 tennis tournament final match at St Jakobshalle on October 30, 2016 in Basel, Switzerland. (Photo by Harold Cunningham/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu