マイページ

ATPニュース

ジョコビッチが両目の感染症による異常で棄権 [ドバイ・デューティフリー・テニス選手権]

 アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(ATP500/2月21~27日/賞金総額224万9215ドル/ハードコート)。

 木曜日に行われた準々決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が試合の途中で棄権して、敗退した。両目が感染症にかかっていたことが原因で、連続決勝進出記録は17大会で途切れた。

 「目の問題だ」とジョコビッチは色の濃いサングラスを着用して記者会見場に現れて話した。「ドバイに着いてからずっとのことで、深刻なアレルギーも出ている」。

 ジョコビッチは最初、右目が感染症にかかったというが、続いて両目に広がったという。症状を悪化させる恐れがあるため、試合中を除いてコンタクトレンズの着用を禁じられているとも言った。

 「残念だけど、ここ2日で悪化した」とジョコビッチは言い、「こんなひどい目の問題は初めてだ。今日は最悪だった。まるで見えないようなものだった」と続けている。

 この棄権負けで、ジョコビッチが2015年の全豪オープン以来続けていた連続での決勝進出記録は17大会で終わった。ジョコビッチはこのうちの13大会で優勝していた。あと1大会で決勝に進出していれば、オープン化以降では1981年から82年にかけてイワン・レンドル(当時チェコスロバキア)が記録した18大会連続と並ぶところだったが、彼自身は記録については考えていなかったという。

 「僕としてはできるだけ早く、この先の2日間でこの目の病気を治すことが大事」とジョコビッチ。「この次にはたくさんの大事なイベントが待っているから。来週のホームで開催されるデビスカップはもちろん、インディアンウェルズ、マイアミ、そしてクレーコート・シーズンも続いていくからね」。

 ジョコビッチの棄権負けは2011年のデ杯準決勝のフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)戦以来のことで、それ以来、350試合を戦って312勝38敗だった。

 ジョコビッチと対戦していたのはフェリシアーノ・ロペス(スペイン)だったが、ジョコビッチから1-2の場面でトレーナーを要求。一度はプレーを再開したものの、第1セットを3-6で落とすとそのまま棄権した。

 ロペスと準決勝を戦うのはマルコス・バグダティス(キプロス)。バグダティスは第4シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を7-5 6-0で倒しての勝ち上がりだ。

 第2シードのスタン・ワウリンカ(スイス)はニック・キリオス(オーストラリア)との準決勝に進んでいる。ワウリンカは第8シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を7-5 6-1で下している。

 キリオスは今大会は初出場。第3シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を6-4 6-4で破り、ベスト4に進んだ。キリオスは第1セットの途中で背部を傷めて治療を受ける場面があったが、試合は勝ち抜いた。(C)AP

Photo: DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 25: Novak Djokovic of Serbia receives medical attention on court during his quarter final match against Feliciano Lopez of Spain on day six of the ATP Dubai Duty Free Tennis Championship at the Dubai Duty Free Stadium on February 25, 2016 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Warren Little/Getty Image)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu