ATPニュース

アンダーソンが今季1000本目のサービスエースを記録もジョンソンに敗退 [エルステ・バンク・オープン]

 オーストリア・ウィーンで開催されている「エルステ・バンク・オープン」(ATP500/10月19~25日/賞金総額174万5040ユーロ/室内ハードコート)。

 金曜日に行われた準々決勝で、第1シードダビド・フェレール(スペイン)がファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-4 6-2で退け、今季8度目のベスト4進出を果たした。

 フェレールの準決勝の相手は、第6シードのガエル・モンフィス(フランス)だ。

 フェレールは現在8位。昨年の大会の決勝ではアンディ・マレー(イギリス)に敗れている。この日の試合では第1セットで1-3とリードされたものの、そのあとの14ゲーム中11ゲームを奪うプレーで、現在22位のフォニーニとの対戦成績を9勝0敗に伸ばした。

 モンフィスはルーカシュ・ロソル(チェコ)を6-7(3) 6-3 6-3で下してのベスト4だ。モンフィスはロソルから19本のサービスエースを奪い、ブレークのピンチもすべてしのいで勝利した。

 モンフィスが今大会で決勝に進出したのは7年前のことで、また、今大会は全米オープンを腰の故障で棄権して以来の復帰戦でもある。

 世界47位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)は世界11位で第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を5-7 7-6(5) 6-4で破ってのベスト4進出。ジョンソンのATPツアーでのベスト4はこれがキャリア4度目だ。

 ジョンソンは第1セットでサービスゲームを1度落とし、第2セットでも4度のブレークポイントを握られたがこれをしのいでセットを取り返した。第3セットは1度もブレークポイントを与えず勝利した。

 ジョンソンと準決勝を戦うのはエルネスツ・グルビス(ラトビア)。グルビスは第7シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)を7-6(4) 7-6(5)で倒しての勝ち上がりだ。

 敗れたアンダーソンは、この準々決勝で23本のサービスエースを放ち、今季トータルでは1003本とした。これはカルロビッチと、ジョン・イズナー(アメリカ)に続いての大台突破となっている。(C)AP

※写真は上海の大会でのジョンソン
Photo: SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 14: Steve Johnson of the United States returns a shot against Andy Murray of Great Britain during the men's singles second round match on day 4 of Shanghai Rolex Masters at Qi Zhong Tennis Centre on October 14, 2015 in Shanghai, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu