ATPニュース

ロソルがツォンガを破ってベスト8に進出 [エルステ・バンク・オープン]

 オーストリア・ウィーンで開催されている「エルステ・バンク・オープン」(ATP500/10月19~25日/賞金総額174万5040ユーロ/室内ハードコート)。

 木曜日に行われた2回戦で、ルーカシュ・ロソル(チェコ)が今大会での優勝経験者でもあるジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)を6-4 3-6 6-1で倒してベスト8に進んだ。ツォンガはこれでロンドンのATPツアー最終戦の出場のチャンスが遠のいた。

 今季の上位8人の選手で戦われるのが、11月にロンドンで開催されるATPツアー最終戦だが、ツォンガは現在9位だ。

 ツォンガは第4シードでの出場で、2011年大会の優勝者。ロソルに対しては3連勝中だった。

 ロソルの準々決勝の相手はガエル・モンフィス(フランス)となった。モンフィスはパオロ・ロレンツィ(イタリア)を6-4 6-4下してのベスト8進出だ。

 第1シードのダビド・フェレール(スペイン)はギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)を6-1 6-1で、第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)はイリ・ベセリ(チェコ)との接戦を6-7(4) 6-3 7-5で制しての勝ち上がりとなっている。

 フェレールは第1セットの序盤で2度のブレークのピンチがあったがこれをしのぐと、8度あったブレークチャンスのうち5度を生かして勝利した。

 フェレールにとっては今季12度目のベスト8進出で、準々決勝ではファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。フォニーニはラデク・ステパネク(チェコ)を6-1 6-4で下してのベスト8進出だ。

 第8シードのフォニーニは第1セットでステパネクのサービスゲームを2度破り、第2セットでは5-4とリードした場面で1本だけあったブレークポイントを生かして勝利した。

 アンダーソンの準々決勝の相手はスティーブ・ジョンソン(アメリカ)。ジョンソンはジャージー・ヤノビッチ(ポーランド)を6-4 6-7(7) 6-4で下しての勝ち上がりとなっている。また、ジョンソンは今季では3度目のベスト8進出で、8月のウィンストンセーラムの大会でベスト4に進んで以来の上位進出だ。(C)AP

※写真は上海の大会でのロソル
Photo: BEIJING, CHINA - OCTOBER 07: Lukas Rosol of the Czech Republic returns a ball against David Ferrer of Spain during the day five of the 2015 China Open at the China National Tennis Center on October 7, 2015 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu