ATPニュース

問題発言のキリオスに1万ドル以上の罰金と追加処分の可能性 [ロジャーズ・カップ]

 カナダ・モントリオールで開催されている「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/8月10~16日/賞金総額 358万7490ドル/ハードコート)。

 水曜日の2回戦で、キリオスはワウリンカと交際が噂されているガールフレンドがタナシ・コキナキス(オーストラリア)と「寝た」とワウリンカに対して話したのがコートサイドの集音マイクで拾われており、問題になっていた。

 ATPは木曜日にキリオスに対して、スポーツマンらしくない言動への違反では上限とされる1万ドルの罰金を課し、さらに試合中にボールパーソンに対してやはりスポーツマンにふさわしくない言動をしたとして2500ドルの罰金を追加。さらに、ATPは追加処分の検討をするための調査に入ったとキリオスに通告しているという。

 金曜日の段階で、オーストラリア協会はキリオスに対して「昨日のモントリオールの大会でのキリオスのオンコートでの言動に対して謝罪するとともに、深い後悔の念を禁じ得ない。オーストラリア協会としては、ニックと彼のチームに対して最善を尽くすつもりである。教育がどれほど重要であるかについて我々も理解しており、オンコート、オフコートともに彼に影響を与えていくつもりである」という内容の声明を発表している。

 だが、キリオスは木曜日の試合でもまたトラブルを起こしている。彼はこの日の3回戦でジョン・イズナー(アメリカ)に5-7 3-6で敗れたが、観客たちと怒鳴り合いを演じてしまったのだ。

 キリオスは木曜日の段階で、自身のFacebook上で謝罪の言葉を述べていた。彼は「私のコメントは熱くなったことで出てしまったもので、多くのレベルで受け入れがたかったもの」とし、「自分の行動はすべて自分の責任に帰するものであり、起きてしまったことに後悔している」と続けている。(C)AP

Photo: MONTREAL, ON - AUGUST 13: Nick Kyrgios of Australia drinks water in his match against John Isner of the USA during day four of the Rogers Cup at Uniprix Stadium on August 13, 2015 in Montreal, Quebec, Canada. John Isner defeated Nick Kyrgios 7-5, 6-3. (Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu