ATPニュース

ペールが第1シードのゴフィンを倒してベスト8に進出 [スキースター スウェーディッシュ・オープン]

 スウェーデン・バスタッドで開催されている「スキースター スウェーディッシュ・オープン」(7月20~26日/ATP250/クレーコート)。

 木曜日に行われた2回戦で、ブノワ・ペール(フランス)が第1シードのダビド・ゴフィン(ベルギー)を6-2 6-3で倒してベスト8に進んだ。ペールは15ヵ月ぶりとなるツアー大会でのベスト8だ。

 また、ペールはこれてゴフィンとの対戦成績を2勝0敗としている。

 ペールは準々決勝で、デニス・イスタミン(ウズベキスタン)と対戦する。イスタミンは5度のブレークのピンチをすべてしのぎ、2010年大会の優勝者でもあるニコラス・アルマグロ(スペイン)を6-3 6-3で倒しての勝ち上がりだ。

 今大会では2度の優勝実績を持つトミー・ロブレド(スペイン)はアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-4 6-4で破り、今大会では10度目となるベスト8進出を決めている。また、彼と準々決勝で対戦することになっているポール アンリ・マチュー(フランス)はエルネスツ・グルビス(ラトビア)を6-3 6-3で破っての勝ち上がりとなっている。

 ロブレドとマチューの対戦成績はロブレドから4勝2敗だが、準々決勝は9年ぶりの対戦ということになる。

「まだお互いに若かった。ポール アンリも僕もジュニアの大会の決勝ではいつも当たっていたように思えたけれど、プロになってからだと1度か2度しかプレーしていない感じがする」とロブレドは言う。

 ディフェンディング・チャンピオンのパブロ・クエバス(ウルグアイ)は10本のサービスエースに8本のダブルフォールトというアップダウンの激しいテニスで、フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を6-4 6-7(6) 6-0で下しての勝ち上がりだ。クエバスは10本中8本のブレークポイントをしのぎ、2時間7分の試合で勝利した。

 クエバスは次戦でスティーブ・ダルシー(ベルギー)と対戦する。ダルシーは第8シードのジャージー・ヤノビッチ(ポーランド)を6-1 6-4で下しての勝ち上がりとなっている。(C)AP

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 29: Benoit Paire of France plays a backhand in his Men's Singles match against Tomas Berdych of Czech Republic on day six of the 2015 French Open at Roland Garros on May 29, 2015 in Paris, France. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu