ATPニュース

チョリッチ、コールシュライバーなどが2回戦に進出 [KONZUM クロアチア・オープン・ウマグ]

 クロアチア・ウマグで開催されている「KONZUM クロアチア・オープン・ウマグ」(ATP250/クレーコート)。

 火曜日に行われた1回戦で、第7シードで地元選手のボルナ・チョリッチ(クロアチア)がマルセル・グラノイェルス(スペイン)を6-3 6-3で下して2回戦に進んだ。この日のウマグは蒸し暑く、厳しい気候の中での試合だった。

 チョリッチは11本のブレークポイントのうち4本を生かしての勝利で、35本のウィナーを奪っている。

 「コンディションはとても厳しかった。でも、こういう中でのプレーは好きだ。ボールとコートが遅くなって、より時間に余裕ができるから」とチョリッチは話している。彼の2回戦の相手はアルヤズ・ベデネ(イギリス)だ。

 第6シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)は5本のブレークポイントをしのいでサンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)を6-3 6-2で倒しての2回戦進出となっている。

 コールシュライバーは第1セット3-3の場面で2本のブレークポイントをしのぐなど、ややスローな出だしだったが、そのあとの5ゲームを連取して流れをつかんだ。

 第8シードのマルティン・クーリザン(スロバキア)はパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を7-6(3) 6-7(8) 6-1で振りきっての勝利。第1セットではお互いにブレークし合いながらのタイブレーク突入で、第2セットも似たような展開だった。

 第3セットでようやく強さを取り戻したクーリザンが最初の4ゲームを連取して勝利に結びつけた。

 そのほかの1回戦では、バスティアン・トリンカー(オーストリア)がミカエル・ユーズニー(ロシア)に2-6 6-3 6-3で逆転勝ちし、パオロ・ロレンツィ(イタリア)はマテオ・トレビサン(イタリア)を同じく1-6 6-2 7-5の逆転で勝って2回戦に進んでいる。

 また、アンドレアス・ヘイダー マウアー(オーストリア)、ダミアー・ジュムホール(ポーランド)、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)などもそれぞれ勝って2回戦に進んでいる。(C)AP

※写真はウィンブルドンでのチョリッチ
Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 30: Borna Coric of Croatia in action in his Gentlemen's Singles first round match against Sergiy Stakhovsky of the Ukraine during day two of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 30, 2015 in London, England. (Photo by Ian Walton/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu