ATPニュース

錦織が2時間半の試合でヤノビッチを振りきり、2年連続4強入り [ゲリー・ウェバー・オープン]

 ドイツ・ハレで開催されている「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/6月15~21日/賞金総額 157万4640ユーロ/芝コート)のシングルス準々決勝で、第2シード錦織圭(日清食品)がジャージー・ヤノビッチ(ホーランド)を6-4 5-7 6-3で倒して昨年に続いて2度目のベスト4進出を決めた。試合時間は2時間30分。

 錦織は今大会に2013年から3年連続3度目の出場。昨年は第4シードで臨み、準決勝で第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に3-6 6-7(4)で敗れている。

 24歳のヤノビッチは2013年のウィンブルドン(芝コート)で準決勝進出を果たすなどして、同年8月に世界ランク自己最高の14位をマーク。2012年10月のパリ(ATP1000/室内ハードコート)では3回戦で当時世界ランク3位だったアンディ・マレー(イギリス)を5-7 7-6(4) 6-2で破るなどして決勝に進出。ダビド・フェレール(スペイン)に4-6 3-6で敗れたものの、ATPマスターズ1000の大会で準優勝を果たしている。錦織とは今回が初対戦だった。

 錦織は準決勝で、第4シードのガエル・モンフィス(フランス)とアンドレアス・セッピ(イタリア)の勝者と対戦する。


Photo:HALLE, GERMANY - JUNE 19: Kei Nishikori of Japan plays a backhand in his match against Jerzy Janowicz of Poland during day five of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 19, 2015 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Bongarts/Getty Images)


※放送予定はこちら

GAORA SPORTS|公式サイト

BS朝日|公式サイト

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu