ATPニュース

ティームがメイヤーを破ってツアー初優勝 [コート・ダジュール・ニース・オープン]

 フランス・ニースで開催された「コート・ダジュール・ニース・オープン」(ATP250/クレーコート)。

 土曜日に行われた決勝で、ドミニク・ティーム(オーストリア)が第4シードレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を6-7(8) 7-5 7-6(2)という接戦で制し、優勝した。

 ティームは21歳。準決勝では第2シードのジョン・イズナー(アメリカ)を倒しての決勝進出だった。

「初優勝だ。僕はこれを永遠に忘れないだろうと思う。この先ずっといい思い出として残ると思うよ」と42位のティームは話している。

 決勝のティームは、7本のサービスエースと6度のブレークのピンチをすべてしのいで、3時間近い接戦を制した。
 
 ティームにとってはツアーで2度目の決勝。昨年のキッツビューエルの決勝ではダビド・ゴフィン(ベルギー)に敗れていたが、今大会でツアー初優勝となった。

「今日の試合は本当に、本当に素晴らしいレベルだった」とティームは話し、「レオナルドのプレーはとてもすごかったし、僕も最後まで戦えた。僕がプレーした中では最高の試合の一つだと思う」と付け加えている。(C)AP

※写真はモンテカルロの大会でのティーム
Photo: MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 14: Dominic Thiem of Austria in action against Lucas Pouille of France during day three of the Monte Carlo Rolex Masters tennis at the Monte-Carlo Sporting Club on April 14, 2015 in Monte-Carlo, Monaco. (Photo by Julian Finney/Getty Images)


ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu