マイページ

ATPニュース

錦織圭のクレーシーズンが始まる~真のトップの器量が試される、テストの年

[大会Preview]
バルセロナ・オープン・バンコサバデル

(4月20~26日/ATP500/賞金総額199万3230ユーロ/スペイン・バルセロナ/クレーコート)
 
◇   ◇   ◇

「(トップ5に定着するには)まだまだ、上達させなければいけないことがたくさんある。より堅実さを身につけ、波のない、安定したプレーをし、重要なポイントでより集中して、よりアグレッシブにプレーしなければならない」と錦織圭は言う。

 昨年、このバルセロナ・オープンで優勝を遂げ、スペインの一般国民にその名を知られるようになった錦織は、今回、ディフェンディング・チャンピオンであり、世界4位として、バルセロナに帰ってきた。思えばここバルセロナから始まり、次のマドリッドで実現したトップ10入り。たった一年でそのステイタスは大きく変わったが、周囲の期待が膨らむというのは必ずしもよいことではない。

  第一に、周囲の選手の警戒度が変わっている。すでにトップ10に近かったとはいえ、昨年の、特にクレーコートでの錦織は、ここにひしめくクレー巧者たちにとって、過剰に強い警戒心を促しはしなかったはず。しかし、今や、相手がより高い集中力で向かってくるのは必至であり、また研究もされている。

 その状況で勝ってこそ、真のトップ5になれる。大会に先立つ記者会見で、「トップ5入りは素晴らしいことだが、ランキングを維持するのは容易なことじゃない」と言った錦織は、それを実現するための必須事項として、冒頭の点を挙げた。

 トップ5はもちろん、トップ10に留まることは、そこに入ること以上に難しいと言われている。それには、出場する大会毎にコンスタントにベスト8やベスト4に勝ち残る、実力の安定性が必要だ。言ってみれば今年は錦織がトップ5の地位を継続的なものにできるか否かが試される、テストの年なのである。 

 ここで、今大会のドローを見てみよう。今年、マイアミ・オープンで早期敗退したラファエル・ナダル(スペイン)のランキングが5位に落ちたため、4位の錦織は第1シードとなった。世界4位以内に入ることのメリットに、準決勝までビッグ4に当たらない、というものがあるが、人それぞれ対戦相手との相性が違うので、第1シードのほうが第2シードより有利というわけではない。問題は自分の山に誰がくるか、だ。 

 1回戦がBYEのため、2回戦が初戦となる錦織の最初の相手は、ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア/73位)とパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン/57位)の勝者である。そして順当に勝った場合、錦織が3回戦で対戦する最初のシード選手が、昨年のこの大会の決勝で対戦した、サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア/32位)だ。昨年はナダルがニコラス・アルマグロ(スペイン/100位)に敗れ、アルマグロがヒラルドに敗れるというアップセットがあったため、錦織はナダルと戦わずして栄冠をつかんだ。ちなみに錦織とヒラルドの対戦成績は6勝1敗で錦織が勝ち越しており、1敗は2012年に遡る。

 射程距離内の選手たちではあるが、クレーの大会で彼らのようなクレー巧者と対戦するというのは、常に嫌な感じのするもの。これは錦織にとって今季最初のクレーコートの大会であり、事前会見での錦織は、「最初の数ラウンドでクレーに慣れていく必要がある」と言っていた。クレーに馴染む時間が必要という意味で、準決勝以降よりも、最初の数試合のほうが心配になるが、普段通りの実力を出せれば、この辺りは抜けられるはずである。

 ドローのボトムハーフでは、ナダルが初戦から、いきなり因縁のアルマグロに、その次にフェルナンド・ベルダスコ(スペイン/40位)と当たる可能性がある。これを考えると、今回、錦織が第1シードとしてドローのトップハーフに入ったことは、悪くないことだった。錦織はドローに先立つ会見で、「クレーで、ダビド(フェレール)、ニコ(アルマグロ)、ラファら、スペイン勢と対決するのは本当にタフだ。ニコも厳しい相手だが、もっともタフなプレーヤーと言えば、やはりラファだ」と話している。

 シードだけを見ていけば、錦織が準々決勝で対戦し得る相手は、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン/16位))と、パブロ・クエバス(ウルグアイ/23位)の勝者。バウティスタ アグートは、昨季マスターズ1000のマドリッド・オープンでベスト4に進み、最終的にナダルに敗れた選手。昨年のバルセロナ・オープンでの錦織は決勝を含め、ほぼすべての試合でストレート勝ちしていたが、初戦で当たったバウティスタ アグートに対してだけは、フルセットの戦いを強いられた。つまり、これまた油断のならない相手ということだ。

 そこを抜けると、準決勝でマリン・チリッチ(クロアチア/10位)とジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス/14位)の勝者と対戦し得る。チリッチとの対戦成績は5勝3敗で勝ち越している。サービスの威力が緩和するクレーでは錦織の分がよさそうとはいえ、昨年の全米オープン決勝での敗戦は記憶に新しく、また、二人は競った試合も多いので、ここからが真の力の見せどころだ。そしてこのラウンドを抜け、ドローの反対側でもことが順当に進めば、決勝でナダルと対戦することになる。

 ナダルは、いわゆるビッグ4(ノバク・ジョコビッチロジャー・フェデラーアンディ・マレーと合わせて4人)の中で、錦織が、唯一勝ったことのない選手である。昨年のマドリッド・オープンでは、第2セットの半ば過ぎまでナダルを圧倒し、あと一歩まで迫ったが、そこで故障に涙をのんだ。打倒ナダルは、錦織のモティベーションを掻き立てる目標のはず。前述の記者会見で錦織は、次のように話して意欲を見せた。 
 
 「ラファには過去に7度に渡り敗れているとはいえ、僕のゴールは常にラファを倒すことだ。試合をするたびに近づいてきていると思う。彼を倒すチャンスはあると感じているよ。彼はクレーコートでは特に、非常に偉大なプレーヤーだ。本当に厳しいチャレンジだが、近々やってのけられるよう願っている」 

 決勝までくれば、あとは全力でぶつかるのみ。ナダルに対して決勝を戦うという予想は、紙の上では決して望み過ぎの青写真ではない。当然の予想なのだが、昨年うまくいきすぎた分、今回は警戒心を持って、そうなることを祈りつつ、今のところは口をつぐんでおこう。

Tennis Magazine/ライター◎木村かや子)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu