マイページ

ATPニュース

ベルディヒがボレッリに勝って通算500試合目の勝利&8強進出 [ドバイ・デューティフリー]

 2月23日にアラブ首長国連邦・ドバイで開幕した「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(ATP500/ハードコート)。

 水曜日に行われた2回戦で、トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)がシモーネ・ボレッリ(イタリア)を7-6(7) 5-7 6-0で下してベスト8進出を決めた。また、この勝利でベルディヒはツアー通算500試合目の勝利となり、現役では8番目の勝利試合数を持つ選手となった。

 「すごい気分だ」とベルディヒ。「自分の身体をフレッシュに保ち、また次の500勝を目指せるようにしていかないとね」。

 第3シードアンディ・マレー(イギリス)もまた、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-0 6-2で下してベスト8に進んでいる。

 第1セットのタイブレークでのベルディヒは相手にセットポイントを握られたが、最後はボレッリのバックハンドリターンがロングとなってベルディヒがセットを取って先行した。

 第2セットでもボレッリは5本のブレークポイントを握った。第12ゲームでフォアハンドクロスへ打ち、ウィナーを決めたボレッリが、1度だけブレークに成功してセットを取り返すと試合は第3セットに入った。

 「今日はタフな一日だったよ」とベルディヒは2時間24分におよんだ試合を振り返る。「もっと簡単な試合になると期待していたんだ。でも、第1、第2セットを終えた時点でようやく僕にチャンスがきたよ」とベルディヒは話し、「試合ではファイトしなければいけないという、いい経験になったよ」と続けている。

 マレーはこれまでソウザと戦った5試合では、12セットを連続で取っている。「彼はフリーポイントが得られず、よりイライラしているようだった。だからもっと打たないと、という感じになって、よりエラーが増えていっていたんだろうね」とマレーは言う。

 50位のソウザが取った最初のゲームは第2セットの第3ゲームで、自分のサービスゲームをキープすることに成功した。

 ラッキールーザーとして出場しているボルナ・チョリッチ(クロアチア)はマルコス・バグダティス(キプロス)を相手に6-4 3-6 6-6、タイブレークで4-4となった場面でバグダティスがケイレンで棄権したための勝ち上がりとなっている。

 また、第7シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)はリシャール・ガスケ(フランス)に4-6 6-3 6-7(6)で敗れている。(C)AP

※写真は1回戦でのベルディヒ
Photo: DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 24: Tomas Berdych of the Czech Republic in action against Jeremy Chardy of France during day two of the ATP Dubai Duty Free Tennis Championships at the Dubai Duty Free Stadium on February 24, 2015 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Francois Nel/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu