ATPニュース

ミュラー、チョリッチなどが1回戦を突破 [エアセル・チェンナイ・オープン]

 1月5日からインド・チェンナイで開幕した「エアセル・チェンナイ・オープン」(ATP250/ハード)。

 ジル・ミュラー(ルクセンブルク)が29本のサービスエースを奪って昨年の準優勝者、エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)を6-7(11) 6-1 7-6(3)で破り、1回戦を突破した。

 ミュラーは第8シード。第3セットでは3本のブレークポイントをしのいでの勝利で、2時間23分の接戦をモノにした。

 「1年のスタートとしてはいい形ではなかったのは確かだね」とロジェ バセラン。「去年は決勝に進出できた。でも、今年は1回戦負け。悪い中にもいいものを見つけないといけないね」。

 この試合でのロジェ バセランはチャンスをものにできずに破れた。

 「第2セットを諦めて、第3セットに備えようとしたけれど、それがうまくいかなかったのを認めないといけない。第3セットでは僕にもチャンスがあったけれど、相手の方が僕よりもいいプレーをした。特にタイブレークではね」。

 アンドレアス・ヘイダー マウアー(オーストリア)は第7シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)が3-6 7-6(6) 2-0の場面でケイレンを理由に棄権したために、2回戦へ勝ち進んだ。

 ボルナ・チョリッチ(クロアチア)はわずか66分でロビン・ハッサ(オランダ)を6-2 6-2で破っている。

 ディフェンディング・チャンピオンのスタン・バブリンカ(スイス)の1回戦はBYE(免除)で、そのほか3人のトップシード選手、ギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、ダビド・ゴフィン(ベルギー)も同様だ。(C)AP

※写真は昨年のロンドンの最終戦でATP新人賞の授賞した時のコリッチ
Photo: LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 12: Borna Coric of Croatia is presented with the ATP Star of Tomorrow Award on day four of the Barclays ATP World Tour Finals at the O2 Arena on November 12, 2014 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu