マイページ

ATPニュース

錦織圭がツアー最終戦の出場権をかけた戦いに挑む [BNPパリバ・マスターズ]

 フランス・パリで開催される「BNPパリバ・マスターズ」(10月27日~11月2日/賞金総額 288万4675ユーロ/インドア・ハードコート)に、錦織圭(日清食品)が出場する。世界ランキング7位の錦織は第6シードとなり、初戦となる2回戦でトミー・ロブレド(スペイン)とバセック・ポスピショル(カナダ)の勝者と対戦する。

 錦織は3週間前に上海(ATP1000/ハードコート)の2回戦でジャック・ソック(アメリカ)に6-7(5) 4-6で敗れて以来のトーナメント出場となり、今シーズンの成績上位8名のみが出場できるツアー最終戦(イギリス・ロンドン/インドア・ハードコート)への出場権(残り4枠)をかけて戦うことになる。錦織は出場予定だった前週の「バレンシア・オープン500」(ATP500/インドア・ハードコート)を欠場している。

 BNPパリバ・マスターズはATPツアーで年間9大会行われるマスターズ1000シリーズの最終戦で、シングルス48、ダブルス24ドローで争われる。


【ツアー最終戦出場ランキング(レース・トゥ・ロンドン):10月27日付】

1位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 9010ポイント(確定1)

2位 ロジャー・フェデラー(スイス) 8520ポイント(確定2)

3位 ラファエル・ナダル(スペイン) 6835ポイント(欠場)

4位 スタン・バブリンカ(スイス) 4805ポイント(確定3)

5位 アンディ・マレー(イギリス) 4295ポイント

6位 錦織圭(日本/日清食品)  4265ポイント

7位 マリン・チリッチ(クロアチア) 4150ポイント(確定4)

8位 トマーシュ・ベルディヒ(チェコ) 4105ポイント

9位 ダビド・フェレール(スペイン) 3865ポイント

-----------------

10位 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ) 3840ポイント

11位 グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 3555ポイント

12位 ジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス) 2650ポイント

※全米オープン優勝のチリッチは、グランドスラム優勝者の特別規定により出場権を確保。


【錦織の今大会での過去の戦績】

<2013年>

3回戦 ●錦織 3-6 2-6 ○リシャール・ガスケ(フランス)[9]

2回戦 ○錦織 1-6 7-6(4) 7-6(7) ●ジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)[8]

1回戦 ○錦織 6-4 6-2 ●ジュリアン・ベネトー(フランス)

<2012年>

3回戦 ●錦織[15] 不戦勝 ○ジル・シモン(フランス)

2回戦 ○錦織[15] 7-6(2) 6-2 ●ブノワ・ペール(フランス)[WC]

1回戦 ○錦織[15] Bye

<2011年>

1回戦 ●錦織[SE] 4-6 3-6 ○セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)[Q]


【上位出場選手シード順位(シングルス)】

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]


スタン・バブリンカ(スイス)[3]

ダビド・フェレール(スペイン)[4]


錦織圭(日清食品)[6]


アンディ・マレー(イギリス)[8]

※[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦)、Qは予選勝ち上がり、SEはスペシャル・イグザンプト、文中の世界ランクは10月27日付



Photo:Kei Nishikori of Japan returns a shot against Jack Sock of the US during their men's singles second round match at the Shanghai Masters Tennis Tournament in Shanghai, China, Wednesday, Oct. 8, 2014. (AP Photo/Vincent Thian)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu