マイページ

ATPニュース

錦織圭が右側臀部の痛みでダブルスを棄権 [楽天ジャパンオープン]

「楽天ジャパンオープン2014」(本戦9月29日~10月5日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート)のダブルス準々決勝に進出していた錦織圭内山靖崇(日清食品/北日本物産)は、錦織の右側臀部の痛みのために棄権した。

 これにより、第3シードマルセル・グラノイェルスマルク・ロペス(スペイン)のベスト4進出が決まり、準決勝で第2シードのイバン・ドディグマルセロ・メロ(クロアチア/ブラジル)と対戦する。ドディグ/メロは準々決勝で、ロハン・ボパンナリーンダー・パエス(インド)を6-3 6-2で下しての勝ち上がり。

 錦織はシングルス2回戦で、ドナルド・ヤング(アメリカ)を6-4 7-6(4)で倒してベスト8入りを決めている。

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu