ATPニュース

第2シードのフェレールが初戦敗退 [楽天ジャパンオープン]

「楽天ジャパンオープン2014」(本戦9月29日~10月5日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート)のシングルス1回戦で、第2シードダビド・フェレール(スペイン)がマルセル・グラノイェルス(スペイン)に6-4 4-6 4-6で敗れ、初戦で姿を消した。試合時間は約2時間8分。

 フェレールとグラノイェルスは過去に5度対戦しており、フェレールの5戦全勝。ここまで1セットも奪われたことがなかった。最後の対戦は2012年10月のパリ(ATP1000/インドア・ハードコート)の2回戦で、そのときはフェレールが6-1 6-3で勝っていた。

 32歳のフェレールはグランドスラムでは2013年の全仏オープンで準優勝を果たすなど、世界ランクは2013年7月に自己最高3位をマーク。今大会の2007年優勝者で、ツアー通算21勝を挙げている。

 グラノイェルスは2回戦で、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。ジョンソンは1回戦で、予選勝者の守屋宏紀(北日本物産)を7-6(4) 6-2で下しての勝ち上がり。



※以下の動画は無料です。ただし一部の動画では「WOWOWオンラインID」の登録が必要です。会員登録(無料)はこちら

マルセル・グラノイェルス vs ダビド・フェレール 楽天オープンテニス2014 男子シングルス1回戦




Photo:David Ferrer of Spain returns a shot against Marcel Granollers of Spain during their first round match of Japan Open Tennis Championships in Tokyo, Monday, Sept. 29, 2014. (AP Photo/Koji Sasahara)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu