マイページ

ATPニュース

錦織の1回戦はドディグ。伊藤はバブリンカと対戦 [楽天ジャパンオープン]

 9月29日~10月5日の日程で開催される「楽天ジャパンオープン」(ATP500/ハード)。

 27日に行なわれた「JTAサタデー」。センターコートの特設ステージで公開ドローが行われた。

 ダニエル太郎(エイブル)が立ち会い選手として参加し、自らくじを引くなどして行われた抽選の結果、錦織圭(日清食品)はイバン・ドディグ(クロアチア)と、伊藤竜馬(北日本物産)は第1シードのスタン・バブリンカ(スイス)、添田豪(GODAIテニスカレッジ)はドナルド・ヤング(アメリカ)、立会人として参加したダニエル太郎は、デニス・イスタミン(ウズベキスタン)との対戦が決まった。

 そのほかの主な1回戦のカードとしては、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がバーナード・トミック(オーストラリア)、第2シードのダビド・フェレール(スペイン)がマルセル・グラノイェルス(スペイン)、ジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)が予選勝者となった。

 本戦は月曜日(29日)からスタートする。

ダニエル太郎選手のコメント
「(自分の1回戦について)とにかくいいテニスができるように頑張りたい。いいテニスができたらチャンスも生まれるし、チャンスがつかめれば勝つチャンスも出てくると思う。(大会のドローを見て)トップ選手が多い。とにかくタフな大会になりそうだなと思う。トップ10が4~6人もいる大会はすごいと思う」

TennisMagazine/ライター◎浅岡隆太)



ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu