ATPニュース

イズナーをはじめ、ビッグサーバーたちが2回戦を突破 [ウィンストンセーラム・オープン]

 8月17日~23日の日程でアメリカ・ウィンストンセーラムで開催の「ウィンストンセーラム・オープン」(ATP250/ハード)。

 火曜日に行われた2回戦に第1シードで、大会2度の優勝経験を持つジョン・イズナー(アメリカ)が登場。ブラッドリー・クラン(アメリカ)を7-6(5) 6-2で下した。

 イズナーが奪ったサービスエースは13本。最速は138マイル(時速約220km )で、130マイルをしばしば突破した。また、第2セットではクランのサービスを2度破るプレーでの勝利だった。イズナーは2011年と12年の大会で優勝。これで今大会での戦績を11勝0敗とした。

 「第1セットは少し苦しんだ」とイズナー。「でも、最初の試合というのはたいていは少しタフなんだよ。今夜もそうだった。でも、少しずつ調子がよく、そしてよりスマートにプレーできるようにしたいね」。

 イズナーの次の対戦相手は第13シードのミカエル・ユーズニー(ロシア)。5月の全仏の2回戦ではイズナーを破っている。

 この日にプレーしたそのほかのシード勢では、第3シードのトミー・ロブレド(スペイン)がニコラ・マウ(フランス)に1-6 6-7(0)で敗れ、第4シードのレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)は予選上がりのダビド・ゴフィン(ベルギー)に3-6 1-6でやはり敗れている。また、ジャージー・ヤノビッチ(ポーランド)は第6シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-1 3-6 7-6(5)で破っている。

 第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)はアドリアン・マナリノ(フランス)を6-3 2-6 6-4で下している。

 アンダーソンは16本のサービスエースを奪い、そのほかのポイントのほとんどもサービスウィナーで取っての勝利だった。

 そのほかの試合では、サム・クエリー(アメリカ)がスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-4 6-3で、エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)がアレクサンドル・ネドベソフ(カザフスタン)を7-6(9) 6-7(5) 6-4で、ドナルド・ヤング(アメリカ)がフランク・ダンセビッチ(カナダ)を6-1 6-3で、アンドレアス・セッピ(イタリア)がフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を7-5 6-7(4) 6-2で破ったほか、ミカエル・ククシュキン(ロシア)、マルセル・グラノイェルス(スペイン)、ルー・イェンシュン(台湾)、パブロ・アンドゥハル(スペイン)などが2回戦を勝ち上がっている。

 ルーカシュ・ロソル(チェコ)と戦ったライアン・ハリソン(アメリカ)だったが、6-3で第1セットを取ったあと、1-2とリードされたところで右肩を傷めてリタイア負けしている。(C)AP

※写真はウェスタン&サザン・オープンでのジョン・イズナー
Photo:John Isner serves against Marinko Matosevic, from Australia, during a match at the Western & Southern Open tennis tournament, Wednesday, Aug. 13, 2014, in Mason, Ohio. Isner won 6-3, 7-6 (1). (AP Photo/Al Behrman)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu