マイページ

ATPニュース

ティーム、モナコなどがベスト4に進出 [Bet-At-Homeカップ・キッツビューエル]

 7月27日~8月2日の日程で、オーストリア・キッツビューエルで開催されている「Bet-At-Homeカップ・キッツビューエル」(ATP250/クレー)。

 金曜日に行われた準々決勝で、ドミニク・ティーム(オーストリア)がディフェンディング・チャンピオンのマルセル・グラノイェルス(スペイン)を6-4 7-5で破り、キャリア初となるツアーのベスト4進出を果たした。

 ティームは20歳。トップ50では最年少の選手だ。準決勝では2008年大会の優勝者であるフアン・モナコ(アルゼンチン)と対戦する。モナコは第4シードアンドレアス・セッピ(イタリア)を6-2 3-6 6-3で倒してのベスト4。いずれの準々決勝も雨のために木曜日からズレ込んでの試合だった。

 もう一つの準決勝は、ダビド・ゴフィン(ベルギー)対マッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)の顔合わせだ。

 ティームは第1セットは1-3とリードされたところから、続く15ゲーム中10ゲームを奪っての勝利で、第2セットでは5-2とリードする場面もあったが、ここでは自分のサービスでゲームを終わらせられず、最終的には6-5で迎えた第12ゲームでグラノイェルスのサービスゲームをブレークしての勝利だった。(C)AP

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu