マイページ

ATPニュース

バブリンカが20歳の新鋭ティームに敗れる [ムトゥア・マドリッド・オープン]

 5月4日からスペイン・マドリッドで開幕した「ムトゥア・マドリッド・オープン」(ATP1000/367万1405ユーロ/クレー)。

 火曜日に行われた2回戦で、全豪オープンを制したスタニスラス・バブリンカ(スイス)が、予選から勝ち上がってきていた新鋭のドミニク・ティーム(オーストリア)に敗れる波乱があった。ティームは1-6 6-2 6-4のスコアでバブリンカを倒し、3回戦に進出した。

 ティームは現在20歳。彼のキャリアでは最大の勝利だが、終始落ち着いた試合ぶりでの勝利だった。

 ティームは序盤こそリズムをつかみかねているような場面もあったが、ベースラインから雷のような強烈なストロークを放ち、また、ネットに出ればソフトなタッチを生かしたショットを駆使して第3シードのバブリンカをクレーコートで倒した。
 
 「まだトップの選手たちとはあまり試合をしたことがなかったから、最初は相手のペースがつかめなかった。相手は出だしがすごくよくて、僕も何が起きているのかわからなかったんだ」と70位のティームは試合を振り返る。「でも、だんだん相手のペースに慣れてきた。第2、第3セットは自分でも信じられないプレーができたと思う」。

 第3セットは第10ゲームまではお互いのサービスゲームをキープし合う展開だったが、ティームはこのバブリンカのサービスゲームで、バックハンドの強烈なダウン・ザ・ラインを決めてリードし、さらにロングラリーの最後にドロップショットを放ってマッチポイントを握った。

 「いわゆるゾーンに入っていた。自分でも信じられないくらいの集中力だった」とティーム。トップ10選手を相手に3度目の試合で初の勝利だった。

 この試合で3度目のブレークがマッチポイントとなった。最後はバブリンカがバックハンドをワイドに外してティームの勝利が決まった。

 「第3セットでは僕にもチャンスがあったし、そういう機会でもっといいプレーをすべきだった」とバブリンカ。彼にとってはこの試合が今季4敗目だ。「でも、僕は消極的だったし、彼は勝利にふさわしいプレーをしたということだね」。

 手首を傷めたノバク・ジョコビッチ(セルビア)に続き、ロジャー・フェデラー(スイス)も双子の男の子の出産に立ち会ったために欠場。さらにバブリンカも敗退。ディフェンディング・チャンピオンのラファエル・ナダル(スペイン)にとっては、今季のクレーでの不調を巻き返す絶好の舞台が整いつつある。ナダルは水曜日にフアン・モナコ(アルゼンチン)との初戦を迎える予定だ。(C)AP

Photo:Dominic Thiem from Austria returns the ball during a Madrid Open tennis tournament match against Stanislas Wawrinka from Switzerland, in Madrid, Spain, Tuesday, May 6, 2014. (AP Photo/Andres Kudacki)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu