マイページ

錦織、1回戦の相手は予選勝者。準々決勝ではジョコビッチと対戦の可能性[全豪オープン]

「ATP250 ブリスベン」での錦織圭

シーズン初めのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の男子シングルスのドローが発表され、第8シードで出場の錦織圭(日本/日清食品)は1回戦で予選勝者と対戦することが決まった。

錦織は「全豪オープン」へ過去8回出場。2018年は右手首の怪我で欠場していたため、2年ぶりの出場となる。最高成績は、2012年、2015年、2016年に残したベスト8となっている。


初戦は予選勝者と対戦の錦織。ランキング通り勝ち上がれば、2回戦で世界69位のイボ・カルロビッチ(クロアチア)、3回戦では第32シードで34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)、4回戦では第12シードで世界13位のファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦の可能性がある。


そしてベスト8の壁を超えるために乗り越えなければならない準々決勝では、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と当たる可能性がある。


錦織は、2019年開幕戦「ATP250 ブリスベン」で見事優勝。これまでのキャリアで初めてシーズン開幕戦で優勝を飾り「全豪オープン」でも活躍に期待が高まる。


「ATP250 ブリスベン」優勝後には「今週みたいなプレーをしっかりできれば上まで行けるチャンスはあると思います。このテニスを意識して、自信を持ってやりたいです」と、「全豪オープン」に向けて意気込みを語った。


2018年の「全米オープン」以降、好調を維持し続けている錦織。悲願のグランドスラムタイトル獲得に向けまずは1回戦の勝ち上がりが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」での錦織圭
(Photo by Chris Hyde/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu