マイページ

ATPニュース

綿貫、フルセットでシード選手に勝利!伊藤、内田と共にベスト8進出

「ATP250 ウィンストンセーラム」での綿貫陽介

メキシコで開催されているチャレンジャー大会で、前日にベスト8入りを決めた伊藤竜馬(日本/橋本総業ホールディングス)と内田海智(日本/富士薬品)に続いて、綿貫陽介(日本/日清食品)も準決勝進出を果たした。

「プエルトバヤルタ・オープン」(メキシコ・プエルトバヤルタ/11月22日~11月28日/ハードコート)には日本から3選手が出場。世界278位の綿貫は、現地25日に第7シードの世界266位、Tung-Lin Wu(台湾)と2回戦を戦った。第1セットで綿貫は6度のブレークチャンスを掴むがそのうち5度を凌がれ、自らはたった1度しか与えなかったチャンスでブレークされてしまい、タイブレークに。タイブレークの序盤では綿貫は3度ミニブレークして4-1とリードするが、最後の2つのサーブをブレークされて6-7(5)で第1セットを先取される。


第2セットでは第5ゲームで先にブレークされてリードを許したが、第7ゲームでは2度のブレークポイント、3度のデュースという苦しい場面を何とか乗り切ると、第8ゲームをラブゲームで奪って4-4に追いつく。だが第9ゲームで再度ブレークされて4-5で相手のサービング・フォー・ザ・マッチというピンチを迎えるが、ここでも粘りを見せてブレークバックすると、最後の第12ゲームでまたブレークを果たし、7-5でセットを取り返す。


そして第3セット第3ゲームではブレークポイント3回、デュース7回という激しい攻防の末に何とかキープすると、その後も2度のピンチを凌いで迎えた第8ゲームで、綿貫はこのセットで初めて掴んだブレークチャンスを逃さず5-3とリード。最後はラブゲームでサービスゲームをキープし、6-7(5)、7-5、6-3、3時間超えの激闘を制した。綿貫は現地26日に行われる準々決勝で、第1シードの世界98位パブロ・クエバス(ウルグアイ)と対戦する。


前日にシングルスでのベスト8進出を決めていた世界329位の内田は、Luis Patino(メキシコ)と組んだダブルスで準々決勝に臨んだが、第1シードのハンス・ハック ベルドゥーゴ(メキシコ)/ミゲル アンヘル・レジェス バレラ(メキシコ)ペアに2-6、4-6で敗退。現地26日にシングルス準々決勝で、第5シードの世界249位マイケル・モー(アメリカ)と対戦予定だ。


そして大会第8シード、世界283位の伊藤は、準々決勝では第3シードの世界141位、アレハンドロ・タビロ(チリ)との対戦となる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ウィンストンセーラム」での綿貫陽介
(Photo by Grant Halverson/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu