マイページ

ATPニュース

メドベージェフがズベレフ破りベスト4進出!ベレッティーニと代わったシナーが勝利[Nitto ATPファイナルズ]

「Nitto ATPファイナルズ」でのメドベージェフとズベレフ

現地16日、世界トップ8の選手たちが出場するシーズン最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イタリア・トリノ/11月14日~11月21日/室内ハードコート)の3日目は、グループステージ2試合目が行われ、早くも準決勝進出選手が決まっている。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じた。

この大会では出場者8人が4人ずつ2つのグループに分かれて総当たり戦を行い、各組上位2位の選手たちが勝ち抜き戦へと進む。


「レッド・グループ」では、ともに白星スタートを飾った第2シードダニール・メドベージェフ(ロシア)と第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が激突。対戦成績は5勝5敗の五分ながら、現在4連勝中のメドベージェフが開始直後に2度あったピンチをしのいだ後、ズベレフの最初のサービスゲームを破って第1セットを取る。しかし第2セットでは3回のブレークポイントを逃してタイブレークに持ち込まれ、フットフォールトをめぐる判定では親指を下に向けて審判の判断に抗議する場面も見られた。その後、スマッシュを決められて3-6でズベレフのマッチポイント。最後はメドベージェフがミスをして第2セットを奪われた。最終セットは第2セット以上に締まった展開となり、ブレークチャンスは第11ゲームでズベレフが得た1回のみ。それを決められずまたもやタイブレークへ突入すると、メドベージェフが3度目のマッチポイントをモノにし、6-3、6-7(3)、7-6(6)で大会2連勝。グループステージ突破を一番乗りで決めた。


試合後、テレビカメラに向けたサインで「緊張していない。でも、両手は震えてるよ」と書いたメドベージェフは、その意味を以下のように説明。「いくつかのポイントではあまりうまくいかなかった。原因の一つは緊張していたからだ。第3セットのタイブレークでは僕たち両方が震えていたよ。でもそれは普通のことで、誰だってそうなるんだ。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)やラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)でもね。でも、テレビで見ている人たちはそんなことには気づかないだろう。だって僕はそんな状態でもプレーしていて、ほとんどミスをせず、勝つために必要な素晴らしいショットもいくつか決めることができた。そこが面白いと思ったんだ。みんなは異変に気づかず、“彼は全然緊張していないね”と言うだろう。でも実は両手が震えているんだよ」


「特に思い出深い試合になった」と語るメドベージェフは、第3セットのタイブレークで2回ミニブレークされて2-4となった際、「彼がサービスエースを決めたらもう終わりだな」と思ったという。しかしそこから4ポイントを連取してマッチポイント。最後は粘る相手を振り切った。


今年3回あったズベレフとの対戦に3連勝したことについては「どの試合も違うんだ。今日は数ポイントの差が違いになったね。とても競った試合だった。今年多くの勝利を収め、何度も優勝している強敵から3勝することができて嬉しいよ」と喜んだ。


一方、敗れたズベレフは「僕はまだ大会に残っているし、優勝するチャンスだってある。最終セットのタイブレークで敗れるのはこれで6回目だけど、まだ大会は終わってないよ」と語る。


同組のもう1試合では、第7シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)の相手が変更に。ズベレフと対戦した1試合目で左の脇腹を痛めて棄権した第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に代わり、ヤニク・シナー(イタリア)が登場した。トリノで行われる今大会の顔となっていたベレッティーニの代わりを務める20歳の自国選手は、会場から多くの声援を送られる中で躍動。第1ゲームをフルカチュにキープされた後、怒涛の5ゲーム連取でセットを先取する。第2セットでは、先にあったピンチを耐えて2度のブレークに成功。5回あった相手のブレークポイントをすべてしのぐと、6-2、6-2の快勝でグループ突破に望みをつないだ。


「出場することを知ったのは午後5時くらいだった。コートに立つ準備はできていたよ。ここイタリアで、大勢のファンに応援されながらプレーできるのは素晴らしい気分だ。最善を尽くすよ」とシナー。


20歳3ヶ月のシナーは、2008年大会に20歳1ヶ月で出場したフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)以来の最年少選手となる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのメドベージェフとズベレフ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu