マイページ

ATPニュース

マスターズ1000大会の様々な記録とビッグ4の支配の変遷

「ATP1000 シンシナティ」でのズベレフ

1990年にシリーズとして始まったATPマスターズ1000は、ATPツアーの年間予定における9つの最高峰の大会であり、最高の男子テニス選手たちが出場する。マスターズ1000大会の優勝者は、ランキングポイント1000ポイントを獲得する。マスターズ1000に関する様々な記録を、ATP(男子プロテニス協会)公式オンラインメディアが伝えている。

マスターズ1000の覇者たち


2021年には、フベルト・フルカチュ(ポーランド)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ダニール・メドベージェフ(ロシア)、キャメロン・ノリー(イギリス)、そしてノバク・ジョコビッチ(セルビア)の7人の選手たちがマスターズ1000のタイトルを手にした。今季、複数のマスターズ1000大会で優勝したのは、「ATP1000 マドリード」と「ATP1000 シンシナティ」を制したズベレフだけだ。


新型コロナウイルス感染症の影響で、「ATP1000 インディアンウェルズ」は10月に日程変更がなされ、「ATP1000 上海」は中止された。昨年2020年は、3つのマスターズ1000大会しか開催されなかった。ジョコビッチが最初の2大会、すなわち8月の「ATP1000 ウェスタン&サザンオープン(本来シンシナティだが、ニューヨークで開催)」と9月の「ATP1000 ローマ」で優勝を果たし、メドベージェフが「ATP1000 パリ」の優勝でシリーズを締めくくった。


大会名 2021年開催日 優勝者
「ATP1000 インディアンウェルズ」 10/7~10/17 キャメロン・ノリー
「ATP1000 マイアミ」 3/24~4/4 フベルト・フルカチュ
「ATP1000 モンテカルロ」 4/11~4/18 ステファノス・チチパス
「ATP1000 マドリード」 5/2~5/9 アレクサンダー・ズベレフ
「ATP1000 ローマ」 5/9~5/16 ラファエル・ナダル
「ATP1000 トロント」 8/9~8/15 ダニール・メドベージェフ
「ATP1000 シンシナティ」 8/15~8/22 アレクサンダー・ズベレフ
「ATP1000 上海」 中止 (前回2019年:ダニール・メドベージェフ
「ATP1000 パリ」 11/1~11/7 ノバク・ジョコビッチ


マスターズ1000優勝回数ランキング


1990年にマスターズ1000シリーズが始まって以降、71人の選手がタイトルを手にしてきた。このうち10個を超えるマスターズ1000のタイトルを獲得したのは6選手しかいない。2021年の「ATP1000 パリ」制覇によって、ジョコビッチはナダルと並んで保持していた最多記録を更新し、マスターズ1000大会優勝回数の最多記録の単独トップに立った。


選手名(国名) タイトル数
ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 37
ラファエル・ナダル(スペイン) 36
ロジャー・フェデラー(スイス) 28
アンドレ・アガシ(アメリカ) 17
アンディ・マレー(イギリス) 14
ピート・サンプラス(アメリカ) 11


マスターズ1000での試合勝利数


マスターズ1000における試合勝利数では、2019年の「ATP1000 パリ」でリードを広げたナダルがフェデラーとの戦いで優位に立っている。ナダルは、2019年8月の「ATP1000 トロント」期間中にマスターズ1000での379勝目を挙げ、フェデラーが長らく保持していた記録を初めて破った。スタン・ワウリンカ(スイス)は2019年の「ATP1000 インディアンウェルズ」で3回戦に進出し、144勝107敗のトミー・ハース(ドイツ)を抜いて試合勝利数トップ10に入った。


選手名 勝敗数/タイトル数
ラファエル・ナダル 398勝83敗/36
ロジャー・フェデラー 381勝108敗/28
ノバク・ジョコビッチ 374勝81敗/37
アンディ・マレー 218勝87敗/14
アンドレ・アガシ 209勝73敗/17
トマーシュ・ベルディヒ(チェコ) 191勝117敗/1
ピート・サンプラス 190勝70敗/11
ダビド・フェレール(スペイン) 189勝122敗/1
アンディ・ロディック(アメリカ) 157勝70敗/5
スタン・ワウリンカ 155勝108敗/1


マスターズ1000大会の最強チャンピオンたち


ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、そしてボブ・ブライアン(アメリカ)とマイク・ブライアン(アメリカ)が、個々のマスターズ1000大会のタイトル数ランキングを支配している。


大会(開催都市) シングルス ダブルス
インディアンウェルズ ジョコビッチ、フェデラー(5回) マーク・ノールズ(バハマ)、ダニエル・ネスター(カナダ)(4回)
マイアミ アガシ、ジョコビッチ(6回) ボブ&マイク・ブライアン(6回)
モンテカルロ ナダル(11回) ボブ&マイク・ブライアン(6回)
マドリード ナダル(5回) ボブ&マイク・ブライアン、ネスター(5回)
ローマ ナダル(10回) ボブ&マイク・ブライアン(4回)
カナダ ナダル(5回) マヘシュ・ブパシ(インド)、ボブ&マイク・ブライアン(5回)
シンシナティ フェデラー(7回)  ボブ&マイク・ブライアン、ネスター(5回)
上海 ジョコビッチ(4回) マルセロ・メロ(ブラジル)(3回)
パリ ジョコビッチ(6回) ボブ&マイク・ブライアン(4回)


マスターズ1000ダブル/トリプル優勝


同一シーズンに「ATP1000 インディアンウェルズ」と「ATP1000 マイアミ」を制する「サンシャイン・ダブル」は、1990年のシリーズ開始以降12回達成された。一番最近これを達成したのは2017年のフェデラーだ。秋のマスターズ1000連続優勝は5度なされ、うち2回はジョコビッチによるものだ。一方、「ATP1000 カナダ」と「ATP1000 シンシナティ」を連続で制した選手は4人おり、一番最近達成したのはナダルであるが、ナダルはクレーコートでの3つのマスターズ1000のタイトルを同一シーズンに獲得した唯一の選手でもある。


サンシャイン・ダブル(インディアンウェルズ、マイアミ)
ノバク・ジョコビッチ 2011年、2014-2016年
ロジャー・フェデラー 2005-2006年、2017年
アンドレ・アガシ 2001年
マルセロ・リオス(チリ) 1998年
ピート・サンプラス 1994年
マイケル・チャン(アメリカ) 1992年
ジム・クーリエ(アメリカ) 1991年


春の3大会連続制覇(クレー)
2010年:ラファエル・ナダル(モンテカルロ、ローマ、マドリード)


夏の大会連続制覇
2013年:ラファエル・ナダル(モントリオール、シンシナティ)
2003年:アンディ・ロディック(モントリオール、シンシナティ)
1998年:パトリック・ラフター(トロント、シンシナティ)
1995年:アンドレ・アガシ(モントリオール、シンシナティ)


秋の大会連続制覇
2016年:アンディ・マレー(上海、パリ)
2015年:ノバク・ジョコビッチ(上海、パリ)
2013年:ノバク・ジョコビッチ(上海、パリ)
2007年:ダビド・ナルバンディアン(マドリード、パリ)
2004年:マラト・サフィン(マドリード、パリ)


マスターズ1000におけるビッグ4の支配


2008年のマドリード大会から2017年のマドリード大会までの10年間で、ジョコビッチ(26回)、ナダル(18回)、マレー(13回)、そしてフェデラー(12回)の4人が、78回のマスターズ1000大会のうち88.5%にあたる合計69大会で優勝。この期間中に初めてマスターズ1000のタイトルを獲得した選手は他に6人しかいない。


ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス):2008年パリ
イバン・ルビチッチ(クロアチア):2010年インディアンウェルズ
ロビン・ソダーリング(スウェーデン):2010年パリ
ダビド・フェレール:2012年パリ
スタン・ワウリンカ:2014年モンテカルロ
マリン・チリッチ(クロアチア):2016年シンシナティ


これに比べ、2017年のローマ大会から2019年のシンシナティ大会まで3年間の21大会では、9人の選手が自身初のマスターズ1000タイトルを手にしている。


アレクサンダー・ズベレフ:2017年ローマ
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア):2017年シンシナティ
ジャック・ソック(アメリカ):2017年パリ
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン):2018年インディアンウェルズ
ジョン・イズナー(アメリカ):2018年マイアミ
カレン・ハチャノフ(ロシア):2018年パリ
ドミニク・ティーム(オーストリア):2019年インディアンウェルズ
ファビオ・フォニーニ(イタリア):2019年モンテカルロ
ダニール・メドベージェフ:2019年シンシナティ


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 シンシナティ」でのズベレフ
(Photo by Dylan Buell/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu