マイページ

ATPニュース

18歳アルカラス、5連勝でNextGen最終戦を制する

「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」でのアルカラス

現地13日、21歳以下のトップ8選手が出場するシーズン最終戦「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月9日~11月13日/室内ハードコート)の決勝が行われ、第1シードの世界ランキング32位カルロス・アルカラス(スペイン)が第2シードの世界39位セバスチャン・コルダ(アメリカ)に4-3(5)、4-2、4-2で勝利した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

この大会では、出場者8人が4人ずつのグループに分かれて総当たり戦を戦い、各組の上位2人が勝ち抜き戦に進むというフォーマット。大会最終日は、ともに4連勝のアルカラスとコルダが激突した。


決勝前、コルダとの対戦についてアルカラスは「とにかくタフな試合になるだろう。セバスチャンは素晴らしいテニスをしているし、彼と対戦するのは初めてだからね」と述べていた。


その予想通り、アルカラスにとっては厳しい出だしとなった。アルカラスはダブルフォールトもあって最初のゲームでコルダに3本のブレークチャンスを与えてしまうが、そこから3ポイント連取でしのぐ。次のサービスゲームでも再び相手にブレークポイントを許し、最後はサービスエースで防いだ。再三ピンチを迎える一方で自分は一度もブレークチャンスを作れないまま、なんとかタイブレークに持ち込むと、両者のミニブレークが相次ぐ展開に。互いに1回ずつミニブレークした後、コルダがラリーからネットに引っかけて2-4。その後アルカラスが自身のポイントを2本連続で失い、コルダの5-4に。だがアルカラスがドロップショットでミニブレークして5-5。続くポイントでコルダのショットがネットを越えず、アルカラスが6-5でセットポイント。最後はアルカラスがネットに出てボレーを決め、セットを先取する。両者のこのセットでの獲得ポイントはアルカラスが23、コルダが25だった。


第2セットでは互いにサービスゲームをキープし合う中、第5ゲームでアルカラスがこの試合初めてのブレークチャンスを掴み、その2本目をモノにして3-2に。続くサービング・フォー・ザ・セットも取り、セットカウント2-0とリードを広げる。


追い詰められたコルダは第3セット第3ゲーム、セカンドサーブを突かれてブレークを許す。勢いに乗るアルカラスが第5ゲームでチャンピオンシップポイントを握るが、ここはなんとかコルダがしのいだ。そしてサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第6ゲーム、アルカラスは2本続けてミスショットとなり0-30に。だがそこから盛り返し、フォアハンドウィナーでこの日3度目のチャンピオンシップポイントを迎える。最後はスマッシュで決め、今大会最年少の18歳選手が優勝を果たした。


アルカラスは「最高だね。この大会で優勝できたということは僕にとって大きな意味を持つ。今はとても興奮しているし感情が込み上げているよ。最初はとても緊張していた。ブレークポイントをしのぐために冷静になる必要があったよ。コルダはサーブがとてもいいのを知っていたから、自分の最高のテニスをしようとした。サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップで0-30となった時は、集中して落ち着くことを心がけた。とにかくすごくタフな試合だったね」と述べている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」でのアルカラス
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu