マイページ

ATPニュース

NextGen最終戦ベスト4の残り3枠が決定。アルカラスとコルダが3連勝

「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」でのコルダ

21歳以下のトップ8選手が出場するシーズン最終戦「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月9日~11月13日/室内ハードコート)3日目、グループステージの3試合目が行われ、勝ち抜き戦に進むベスト4が出揃った。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

この大会では、出場者8人が4人ずつのグループに分かれて総当たり戦を戦い、各組の上位2人が勝ち抜き戦に進む。大会3日目は、前日ベスト4一番乗りを果たした第1シードの世界ランキング32位カルロス・アルカラス(スペイン)に続くベスト4進出を懸けて、熱戦が繰り広げられた。


グループAではまず、すでに2連勝でグループステージ突破を決めているアルカラスと、2連敗で敗退が決定した第5シードの世界91位フアン マヌエル・セルンドロ(アルゼンチン)が対戦。アルカラスは相手に自分の倍となる10回のブレークポイントを与えたものの、うち9回をしのぎ、4-0、4-1、2-4、4-3(3)で3連勝を飾った。


もう1試合は、ともに1勝1敗で迎えた第4シードの世界63位ブランドン・ナカシマ(アメリカ)と第7シードの世界109位ホルガ ビートス ノディシュコフ・ルーネ(デンマーク)の、勝った方がベスト4進出という状況に。第1セット第2ゲーム、ナカシマは相手の3度のダブルフォールトを生かして先にブレークするが、直後のゲームでミスショットを連発してしまいブレークバックを許す。その後タイブレークに突入すると、ルーネが最初のナカシマのサービスポイントをドロップショットでモノにし、さらに3-1でもドロップショットに追いついて相手のサイドを抜き、2度のミニブレークに成功。ルーネが第1セットを取った。


しかし、「第1セットでは緊張してしまったけど、以降はより自由にプレーできるようになり、ファーストサーブがうまく打てるようになった」と語るナカシマが、第2・第3セットで相手に1ゲームずつしか与えずにセットを取る。アンフォーストエラーが相手よりはるかに少なく安定していたナカシマは第4ゲームのタイブレークも制し、3-4(3)、4-1、4-1、4-3(1)の逆転勝利で準決勝行きを手にした。


4人全員に最後の試合まで突破の可能性が残されていたグループBでは、まず第6シードの世界111位セバスチャン・バエス(アルゼンチン)と第8シードの世界67位ユーゴ・ガストン(フランス)が激突。第1セットはそろって2回ずつブレークし合う展開となった末に、タイブレークで2度ミニブレークに成功したバエスが取る。バエスはファーストサーブのポイント獲得率が第2セットでは100%を記録するなど試合を通して安定しており、第2セット以降は相手にブレークを許すことなく4-3(2)、4-2、4-2のストレート勝ちでグループステージ突破。バエスは試合後、「最高の気分だ。ガストンは危険な選手だから、攻撃的な姿勢を崩さず、ずっと集中していたことが鍵になったね」と話している。


そして、第2シードの世界39位セバスチャン・コルダ(アメリカ)と第3シードの世界58位ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)によって争われたベスト4最後の1枠は、4-2、4-3(4)、4-2で勝利したコルダが獲得。すでに2勝していたコルダに対し、1勝1敗のムゼッティはこの試合でストレートか4セットで勝利を収めれば逆転でベスト4進出となるところだったが、第1セットで唯一のブレークポイントを決められると、そのセットを落としてしまい崖っぷちに。ムゼッティは第2セットでは2度のピンチを耐えてタイブレークに持ち込んだが、先にミニブレークされては追いつくという形を繰り返し、3度目のミニブレークでは盛り返せず。第2セットを落とした時点で望みを絶たれ、そのままストレート負けを喫した。


アルカラスと同じく3連勝で首位通過を決めたコルダは、「いい試合だった。手にしたチャンス、特にブレークポイントを逃さなかった自分のプレーに満足しているよ。今夜はサーブもリターンも良かったね。タイブレークでも大事なポイントをモノにできた」と述べている。


準決勝は、アルカラス対バエス、コルダ対ナカシマという組み合わせに。コルダとナカシマはアメリカ人同士の対戦となり、ベスト4に同じ国の選手が勝ち進むのは2017年大会のダニール・メドベージェフ(ロシア)とアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に続いて2回目だ。


21歳のコルダは、一つ年下で同じアメリカ人のナカシマとは何度も練習した一方で対戦したことはないそうで、「僕たちにとって新しい経験になるだろう。みんなが楽しめるようないい試合ができればいいね」と述べている。


3連勝のアルカラスからは、優勝を意識したコメントが飛び出した。「準決勝に進めてとても嬉しいよ。このレベルでこういう試合ができたことに満足している。ミラノでとても快適にプレーできているよ。ぜひタイトルでこの1年を締めくくりたいね」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」でのコルダ
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細は
こちら>>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu