マイページ

ATPニュース

フェリシアーノ・ロペス40歳「今ものすごく楽しんでいる」

「ATP500 ロンドン」でのロペス

2021年9月20日月曜日の午後12時30分、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)はマドリードのバラハス・アドルフォ・スアレス空港でボストンへ向かう飛行機を待っていた。金曜日から始まる「レーバー・カップ」(アメリカ・ボストン/9月24日~9月26日/室内ハードコート)に向かうためだ。この旅の興味深い点は、この日がロペスの40歳の誕生日に当たるということだ。この年齢で彼は今も、ATPツアーでトップ選手たちと競い合っている。ATP(男子プロテニス協会)公式オンラインメディアが、この日行われたインタビューでロペスの語った内容を伝えている。

「キャリアのこの時点で自分が試合に出ているとは想像していなかったよ。40歳でという意味ではなくて、数年前のことだ。だからこそ、今はすごく楽しんでいる。全然期待していなかったからね」チーム・ヨーロッパの一員としてアメリカに飛び立つ前に、スペインのトレド生まれのロペスはこう語った。


ロペスは、ATPツアーで今も活躍している同世代のわずかな選手の1人だ。誕生日を迎え、ロペスは40代の選手としてロジャー・フェデラー(スイス)と42歳のイボ・カルロビッチ(クロアチア)の仲間入りを果たした。


「フェデラーはこの世代の先導者であり、この年齢で今でも競い合うことのできている選手たちの中では、たぶん僕は彼に続いているね。1981年か1982年生まれの選手で、今もこのレベルでプレーしている選手は他にいないよ」


ロペスがツアーで人よりも長く過ごしている年月が、実り多きものであることは間違いない。彼の選手生活で最良のシーズンは、遅い段階で訪れた。彼は世界ランキングの自身最高位である12位に33歳で到達しており、またこれまでに獲得した7つのタイトルのうち5つは、30歳以降に手にしたものだ。


35歳と37歳の時には、いずれも「ATP500 ロンドン」で優勝している。「30歳になってから、自分自身に“気分は最高”と言っていたのは本当だし、それは驚きだったよ。でもそれは現実で、まだ何年かプレーすることさえできるかもしれないと気づいた。35歳の時、初めて“ATP500 ロンドン”で優勝した。その年齢で優勝するのは驚きだったよ。そして、それが一時的な成功ではなく、肉体的にすごく調子が良くて、あと数年プレーを続けられるとわかったんだ」


ロペスのATPツアーでのプレー期間は長く、彼は通算500勝の大台を超えたわずか11人の現役選手の1人となっている。さらに、ロペスは四大大会78回連続出場という最多記録を単独で保持している。


「僕がテニスを始めた頃は、プロ選手は30歳を過ぎたら引退を考え始めると誰もが思っていた。いつもそのことが頭にあって、それがたくさんの不確かさを生む。でも30歳になった時、確かに僕も先が見えなかったけど、調子はとても良かった。僕の選手生活で最高の期間だったから、驚きでもなくなったよ」


ツアーで年月を過ごしてきたことで、ロペスは最近では、自分の半分の年齢の選手や、彼が1998年に初めてプロの試合で勝利した時にはまだ生まれてもいなかった選手と対戦することもある。


「すごいことだよ。対戦相手の中には、僕がプロ生活を始めた頃にまだ生まれてもいなかった選手もいる。例えばカルロス・アルカラス(スペイン)みたいにね。それに、僕の半分の年齢のアレックス・デミノー(オーストラリア)とも対戦したね。40歳の時に若い選手たちと対戦するのは理にかなったことだ。18歳や19歳の選手のうち最高の面々は、既にこのレベルに達しているからね。そういう数字を見ずとも、こんなに長い選手生活からこれだけの喜びを得られていることを嬉しく思っているよ」


ロペスが40歳の誕生日に過去を振り返る時、彼の記憶を埋め尽くしているのはこの喜びだ。「自分がまだ試合に出ているという事実は本当に素晴らしいけど、それ以外にも、ここ何年かでいいことがあった。“ATP500 ロンドン”で2度優勝したし、僕の街マドリードで、“デビスカップ”で優勝したし、今から“レーバー・カップ”に向かう。これからも何があるかわからないよ。もしかしたらもう一度、母国で“デビスカップ”に出られるかもしれない。ここ何年かで本当にたくさんのいいことが起きた。だから、僕は今ものすごく楽しんでいるんだ」


このインタビューの際、ロペスは自身のキャリアに関する様々なクイズに答えた。「2016年“Nitto ATPファイナルズ”のダブルスで破った相手チームは?」、「ラファエル・ナダル(スペイン)に勝った4つの大会は?」といった難しい質問には正しく答えられたものの、ダブルスで3度優勝した時の相棒3人を聞かれた時は、アンディ・マレー(イギリス)を忘れており、「僕はすごい馬鹿だな」と自虐。このクイズの様子はATPツアーの公式オンラインメディアで公開されている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロンドン」でのロペス
(Photo by Alex Morton/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu