マイページ

ATPニュース

元世界王者の後悔「素晴らしい結果をもっと楽しめば良かった」

2016年「ATP1000 ローマ」でのマレー(右)とジョコビッチ

先週行われた「ATP1000 シンシナティ」の初戦で、同大会を過去に2度制しているアンディ・マレー(イギリス)は、元世界ランキング7位のリシャール・ガスケ(フランス)を6-4、6-4で破って2回戦へと駒を進めた。元世界王者のマレーは、このような試合に勝利する気分は決して色あせはしないと語った。

「これは僕が恋しく思っていたものだ。間違いなく、ここに戻ってきてまた試合に出られているのは素晴らしいし、今夜のレベルでプレーできたことは本当に良かった。本当に嬉しく思っているよ」とマレー。


マレーは試合の後インタビューに答え、試合を見るのが楽しみな選手や、世界ランキング1位になれそうだと思う選手、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が7回目の年末1位となるかもしれないことなどについて語った。ATP(男子プロテニス協会)公式オンラインメディアが伝えている。


Q. 試合を見るのが楽しみな、見ていて特に面白い選手は誰ですか?


コランタン・ムーテ(フランス)を見るのが好きだよ。ガエル・モンフィス(フランス)も。真剣な時のニック・キリオス(オーストラリア)も好きだね。試合にのめり込んでいない時のキリオスは見ていて全然楽しくないけど、試合に夢中な時は見ていて本当に楽しい。


若手の、すごく若い何人かの選手も、見ていて楽しいよ。ダニール・メドベージェフ(ロシア)を見るのも好きだね。彼はいろんなことができて、ぎこちなく見えるプレーをする面白い選手だと思う。でも彼はコートではすごく知的で、僕はそれが見たいんだ。プレー中に頭を使う選手が好きなんだよ。


Q. まだ注目されてない選手で、素晴らしい試合をすると思う若手の成長株はいますか?


ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)みたいなすごく若い選手の多くは見ていて楽しめるけど、彼はハードコートの経験はまだ多くないね。


例えばステファノス・チチパス(ギリシャ)は「全仏オープン」で素晴らしい成績を残したけど、テニスにとって本当に素晴らしい存在だと思う。コート上の彼にはすごくカリスマがあるし、見ていて楽しめる試合をする。過小評価されている選手を挙げるのは難しいな。テニスは4~5年後にはいい状態になっているはずだよ。台頭してきている次世代は本当にいい選手たちだからね。


Q. あなたは現在、初めて世界ランキング1位になった最後の選手です。今いる選手の中で1位になれそうな人を1人挙げるとしたら誰ですか?その理由も教えてください。


今の選手の中で最初に1位になりそうだと思うのは、メドベージェフだね。そのためにはクレーコートでもう少し安定した成績を残さないといけないかもしれないけど、十分な可能性があると思う。もっと若い選手で言えば、カルロス・アルカラス(スペイン)は本当に素晴らしいと思う。彼にも十分見込みがあると思うよ。若手から1人選ばなければいけないとしたら、おそらくアルカラスだな。


Q. 多くの人に話題にされ、注目を浴びることで若いスター選手たちが直面するプレッシャーに、人々は気づいていないかもしれません。そうした選手たちへの助言はありますか?


難しいのはわかる。でも僕自身の選手生活を少し振り返ると、いい時期をもっと楽しんでおけば良かったと思う。スケジュールのせいで、テニスではある大会が終わるとすぐさま次の大会に出ることになって、素晴らしい結果を堪能する機会があまりない。もしトロントで優勝しても、その日の夜にシンシナティに行く飛行機に乗る。もしここで優勝しても、「全米オープン」に向けた準備を始めるためにまっすぐニューヨークに向かうことになる。


そういう時に一歩下がって、あと2、3日勝利を楽しめば良かったと思うんだ。すごい努力を積み重ねた結果だし、いつも夢見ていたものだからね。でもその最中には常に次の週に注意が向いてしまう。そのことを少しだけ後悔しているんだ。


Q. あなたは2016年に世界ランキング1位でシーズンを終え、それがどれほど難しいことかご存知です。もしジョコビッチが今年を1位で終えれば、彼にとっては7度目の年末1位となります。それがどれほどの偉業かということを、どんな風に説明しますか?


彼らみんなが成し遂げてきたことは驚くべきことだ。たくさんの大会に出場しているわけではない中、1位でシーズンを終えるのは、本当にすごいと思う。彼らが達成してきたことについては、あまり言うことがないよ。とてつもないことだ。彼らは完全にテニス界を支配してきた。彼らの情熱やテニスへの愛が信じられないほど強いのは明らかだし、メンタル面が一番厳しい部分だと思う。


一つの大会で優勝するのは難しい。それは間違いない。でも世界ランキング1位になるためには、僕は最後の5大会か6大会で連続優勝しなければならなかった。その前に戦った全ての大会に加えてね。シーズン全体を通してそうすることは極めて難しい。


ノバクが7度も世界ランキング1位でシーズンを終えるのはすごいことだけど、他の年も彼の成績は十分にすごい。2位や3位でシーズンを終えた年も多いし、それらの年にもグランドスラムや他のたくさんの大会で優勝している。それも素晴らしいよ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2016年「ATP1000 ローマ」でのマレー(右)とジョコビッチ(左)
(Photo by Claudio Pasaquazi/Anadolu Agency/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

8/30(月)開幕!2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年に準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】8/30(月)~9/13(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu