マイページ

ATPニュース

「レーバー・カップ」にベレッティーニ、オジェ アリアシムたちが出場決定!

写真は2018年「レーバー・カップ」でのチーム・ヨーロッパ

「チーム・ヨーロッパ」と「チーム・ワールド」という、ヨーロッパ選抜とその他の地域選抜で分かれて対戦する「レーバー・カップ」(アメリカ・ボストン/9月24日~9月26日/ハードコート)。昨年は見送られたものの、この度、ボストンのTDガーデンにて4回目となる大会の開催が決定している。開催が近づく中、注目の出場選手も少しずつ明らかになっている。

これまで同様ビヨン・ボルグ(スウェーデン)が率いる「チーム・ヨーロッパ」への参加が決定しているのは、ロジャー・フェデラー(スイス)、ドミニク・ティーム(オーストリア)と、今年の「ウィンブルドン」で準優勝したマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)。


初の「レーバー・カップ」参加となるベレッティーニは「参加できることにとても興奮しているよ。ロッカールームで、参加したことのある選手たちから、このクールな大会についての話はたくさん聞いているんだ。TDガーデンでプレーすること、ビヨン・ボルグをキャプテンに迎えること、子どもの頃からのアイドルであるロジャー・フェデラーと同じチームに所属できること、それらが、とても特別な経験になると思うよ」と話している。


また、キャプテンのボルグは「彼が我々のチームに参加することは素晴らしいこと。それに、“レーバー・カップ”が提供する、一年中対戦しているライバルたちとチームを組むというユニークな機会を、彼も間違いなく楽しんでくれると思うよ」と語り、ベレッティーニの参加を歓迎した。


一方、ジョン・マッケンロー(アメリカ)率いる「チーム・ワールド」の現時点での顔ぶれは、デニス・シャポバロフ(カナダ)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)となっている。


これが3度目の出場となるシャポバロフは、「プラハ(2017年)とジュネーブ(2019年)の両方に素晴らしい思い出があるよ。いつもはネット越しに対戦しているみんなとチームを組むこと、それともちろんマッケンローを僕たちのチームリーダーに迎えることは、とっても面白かったね。それに、すごく名誉なことだ」とコメントしている。


今回が「レーバー・カップ」デビューとなるオジェ アリアシムは「チーム・ワールドを代表することができてとても光栄だよ」と語る。「TDガーデンのような会場で大勢の観客を前にプレーできるのは素晴らしいこと。それに、ジョン・マッケンローのようなレジェンドが僕の味方にいるなんて、とても興奮するよ。僕はきっとたくさんのことを学ぶだろうな!」と、勢いのある20歳の若手らしい意欲を見せている。


ちなみに過去の戦績は、3大会とも「チーム・ヨーロッパ」に軍配が上がっている。しかし、前回のジュネーブ大会では「チーム・ワールド」が健闘。ダブルスでジョン・イズナー(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)組がフェデラー/ステファノス・チチパス(ギリシャ)組を破り、シングルスでもテイラー・フリッツ(アメリカ)がティームを撃破し、初優勝まで1勝というところまで「チーム・ヨーロッパ」を追い詰めていた。


出場できるのは各チーム6名ずつ。追って発表となる残りの選手たちにも注目したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「レーバー・カップ」でのチーム・ヨーロッパ
(Photo by Bilgin S. Sasmaz/Anadolu Agency/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu