マイページ

ATPニュース

テニスの世界王者がウィンブルドンで成し遂げた5つの功績

「全豪オープン」でのジョコビッチ

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、「ウィンブルドン」決勝で第7シードマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に第1セットを取られながら、6-7(4)、6-4、6-4、6-3で逆転勝利し、6度目の優勝を遂げた。これにより彼こそが「史上最高」のテニス選手だ、という意見は更に強固なものとなった。「ウィンブルドン」での優勝回数でも、現在彼に優っているのは8回のロジャー・フェデラー(スイス)と7回のピート・サンプラス(アメリカ)だけだ。

決勝の第1セットを5-2とリードしながら落としてしまい、今大会での18セット連続取得の記録は途切れたが、ジョコビッチはすぐに立て直して第2セットを奪った。第3セットでも早くにブレークして試合の主導権を握ると、これが初めてのグランドスラム決勝進出だったベレッティーニは、第4セットにはいくらか抵抗を見せたが及ばず、ジョコビッチが20回目のグランドスラム優勝を決めた。


そしてジョコビッチは、オープン化以降で初めて、四大大会のすべてで2回以上優勝した選手となった。このようにジョコビッチが成し遂げた功績は数々あるが、そのうち5つをスポーツウェブメディアSportskeedaが紹介している。


1.男子選手で5人目の「全仏オープン」「ウィンブルドン」連覇
テニスのオープン化以降、同年にこの2大会を連覇したのは1969年のロッド・レーバー(オーストラリア)、1978年から1980年のビヨン・ボルグ(スウェーデン)、2008年と2010年のラファエル・ナダル(スペイン)、2009年のフェデラーに続いてジョコビッチが5人目となった。


先月の「全仏オープン」で、ジョコビッチは準決勝で13回優勝しているナダルを、決勝では2セット先行されながらステファノス・チチパス(ギリシャ)を破って、優勝を遂げている。


2.14年ぶりの「ウィンブルドン」3連覇
2020年大会は開催されなかったので、2018年、2019年を連覇していたジョコビッチはこれで3連覇となった。3連覇はフェデラーが2003年から2007年までの5連覇を達成して以来14年ぶりのことだ。ジョコビッチはこれまでに2011年、2014年、2015年にも優勝を遂げている。また2019年のフェデラーとの決勝では、「ウィンブルドン」初の第5セットタイブレークを戦った。


オープン化以降で3連覇以上を達成しているのは他にボルグ(1976年~80年)とサンプラス(1993~95年、97~2000年)だけだ。


3.30歳を超えてからのグランドスラム最多優勝記録を更新
30歳を超えてからのグランドスラム優勝回数で、ジョコビッチは既にトップに立っていたが、今回で8回目となりその記録を更新。2位はナダルの6回、それに続くのはほとんどが既に引退した過去の名選手たちで、現役ではフェデラーが4回で3位、スタン・ワウリンカ(スイス)が2回で4位となっている。


ジョコビッチは30歳になった後に四大大会すべてで優勝している。「全豪オープン」3回(2019年~21年)、「全仏オープン」1回(2021年)、「ウィンブルドン」3回(2018~19年、21年)、「全米オープン」1回(2018年)。


4.1年の最初の3つのグランドスラムを制したのはオープン化以降2人目
2021年のジョコビッチは「調子がいい」などというものではない。今季の彼はまだ3回しか負けておらず、34勝して4つのタイトルを取っている。その内の3つは「全豪オープン」、「全仏オープン」、「ウィンブルドン」だ。


一人の男子選手が1年の最初の3つの四大大会を制するのは1969年のロッド・レーバー以来のこと。その年、レーバーは年間グランドスラムを達成している。


5.フェデラー、ナダルと並ぶグランドスラム20勝
そしてもちろんジョコビッチはグランドスラムで20回目の優勝を果たし、フェデラーとナダルと並んで男子シングルス史上最多記録の保持者となった。フェデラーがまず2018年の「全豪オープン」でこの記録を作り、昨年の「全仏オープン」で大会最多記録の13回目の優勝を遂げたナダルがフェデラーと並んだ。そして今、なんと3人の選手がこの輝かしい記録を共有しているのだ。


2008年の「全豪オープン」でジョコビッチが最初のグランドスラムタイトルを獲得した時、フェデラーは12回、ナダルは3回の優勝を果たしていた。ジョコビッチが2度目の優勝を遂げたのはその3年後、2011年のことで、フェデラーは16回、ナダルは9回優勝していた。そこから10年経って、3人は20回で並ぶこととなった。


3人の中で最も若いジョコビッチは、今後もこの記録を伸ばしていくことが期待されている。その最初の機会である今年の「全米オープン」には、3人が揃って出場されると見られている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu