マイページ

ATPニュース

ジョコビッチ、史上初の生涯獲得賞金1億5000万ドル超え!錦織は15位

「全豪オープン」でのジョコビッチ

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は今週、6度目の「ウィンブルドン」優勝を賭けてプレーしている。もし優勝すれば、ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)の持つグランドスラム優勝20回という史上最多記録に並ぶことになる。しかし種類は違うものの、ジョコビッチは今大会の3回戦でデニス・クドラ(アメリカ)に勝利したことで、既に歴史を作っている。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じた。

現在世界ランキング1位のジョコビッチは、男女を通して初めて生涯獲得賞金で1億5,000万ドル(約165億5,790万円)を突破したテニス選手となったのだ。


「ウィンブルドン」に出場する前の時点で、ジョコビッチの生涯獲得賞金は1億4,981万10ドル(約165億3,693万円)という途方もない額であった。そしてクドラ戦での勝利によって、ジョコビッチは同大会で最低18万1000ポンド、すなわち約25万ドル(約2,760万円)の賞金を手にすることが確定。こうして、ジョコビッチのそこまでの獲得賞金総額は1億5,006万10ドル(約165億6,452万円)となった。


現在34歳のジョコビッチはここまで卓越したシーズンを送っており、既に3つのタイトルを獲得している。そのうち2つはグランドスラムの「全豪オープン」と「全仏オープン」だ。ジョコビッチはさらに「ATP250 ベオグラード」でも優勝し、「ATP1000 ローマ」では準優勝を果たしている。こうした努力によって、彼の今年の獲得賞金は現時点で415万3,831ドル(約4億5,852万円)、シングルスでは413万5,635ドル(約4億5,652万円)となっており、これは2021年の獲得賞金としては全ての選手の中で最高額だ。


生涯獲得賞金額においてジョコビッチに最も近いのはフェデラーだが、彼でさえジョコビッチの賞金額には遠く及ばない。2021年の「ウィンブルドン」出場前の時点で、フェデラーの生涯獲得賞金は1億3,023万769ドル(約143億7,565万円)で、ジョコビッチの獲得総額と比べると2,000万ドル(約22億円)ほど少ない。仮にフェデラーが今大会で自身の記録を更新する9度目の「ウィンブルドン」優勝を達成していたとしても、この差はさほど縮まらない。今年の「ウィンブルドン」優勝者は170万ポンド(約2億5,852万円)の賞金を手にするが、2019年の優勝賞金235万ポンド(約3億5,736万円)からは大幅減額となっている。


他の選手に目をやると、ナダルが1億2,493万7,195ドル(約137億9,132万円)で3位につけている。4位には大きな差が開いて6,187万363ドル(約68億2,962万円)でアンディ・マレー(イギリス)が続く。


女子では、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が9,445万3,854ドル(約104億2,638万円)でトップに立っており、4,217万3,992ドル(約46億5,542万円)で2番手につける姉のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を大きく引き離している。


ここで名前を挙げた他の選手が1億5,000万ドルという大台に近づくというのはありそうもない。ジョコビッチが引退するまでに他の選手が彼の獲得賞金を上回るとは考えにくい。ジョコビッチは今も最盛期にあり、あと数年はツアーを支配すると思われる。また、彼はグランドスラムに集中するようになったため、大会に出場する時は常に、より高額の賞金を受け取ることが見込まれる。


「ウィンブルドン」前までの生涯獲得賞金額トップ15は以下の通り。15位に錦織圭(日本/日清食品)が2,464万7,285ドル(約27億948万円)でランクインしている。


2021年6月28日付ATP生涯獲得賞金ランキング


1. ジョコビッチ、1億4,981万10ドル(約165億3,693万円)
2. フェデラー、1億3,023万769ドル(約143億7,565万円)
3. ナダル、1億2,493万7,195ドル(約137億9,132万円)
4. マレー、6,187万363ドル(約68億2,962万円)
5. ピート・サンプラス(アメリカ)、4,328万489ドル(約47億5,609万円)
6. スタン・ワウリンカ(スイス)、3,477万8,261ドル(約38億2,178万円)
7. ダビド・フェレール(スペイン)、3,148万3,911ドル(約34億5,977万円)
8. アンドレ・アガシ(アメリカ)、3,115万2,975ドル(約34億2,340万円)
9. トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、2,949万1,328ドル(約32億4,198万円)
10. ドミニク・ティーム(オーストリア)、2,885万1,299ドル(約31億7,162万円)
11. マリン・チリッチ(クロアチア)、2,873万4,641ドル(約31億5,880万円)
12. フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、2,588万9,586ドル(約28億4,604万円)
13. ボリス・ベッカー(ドイツ)、2,508万956ドル(約27億5,715万円)
14. アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)2,495万2,416ドル(約27億4,302万円)
15. 錦織圭(日本)、2,464万7,285ドル(約27億948万円)


※為替レートは2021年7月8日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

【ウィンブルドン現地コラム 更新中!】


コロナ禍のウィンブルドンのリアル情報を 現地の写真満載でお届けします。
現地在住ライター、テニスライター内田暁がレポート!

記事はこちら>>>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu