マイページ

ATPニュース

20歳の注目選手が初優勝!「"全仏オープン"へのプレッシャーはない」[ATP250 パルマ]

「ATP250 デルレイビーチ」でのコルダ

先週開催された「ATP250 パルマ」(イタリア・パルマ/5月22日~5月29日/クレーコート)決勝で、20歳のセバスチャン・コルダ(アメリカ)が6-2、6-4で地元のマルコ・チェッキナート(イタリア)を破り、嬉しいツアー初優勝を遂げた。ATP公式ウェブサイトが報じている。

ヨーロッパのクレー大会でアメリカ人選手が優勝したのはなんと2010年ベオグラードでのサム・クエリー(アメリカ)以来11年ぶりのことだった。


元世界ランキング2位のペトル・コルダ(チェコ)を父に持つコルダは、テニスのオープン化以降で父子でツアー優勝を成し遂げた3組目のペアとなった。なお、あと2組は、Ramanathan Krishnan(インド)/Ramesh Krishnan(インド)親子とフィル・デント(オーストラリア)/テイラー・デント(アメリカ)親子。


優勝後の記者会見でコルダは語った。「ずっと夢見てたことが叶ったよ。今年初めのデルレイビーチで叶うと思ったのにだめだった(準優勝)から、ちょっとショックだったんだ。クレーシーズンの初めの頃も結果が出なかったけど、前向きであり続けた。数日休みをとって、父さんとコーチとプラハでいい練習ができた。だから今はとてもいいプレーができている」


コルダは第1シードロレンツォ・ソネゴ(イタリア)や第8シードの西岡良仁(日本/ミキハウス)を倒し、1セットも落とさずに優勝。先週の世界63位から一挙に13上げて、初めてのトップ50入りを果たした。


父ペトルがたった一度ダブルスで優勝したのは1993年のシンシナティで、その時のパートナーはアンドレ・アガシ(アメリカ)だった。そんな縁もあり、アガシはコルダを今シーズン前に、ラスベガスでの2週間のトレーニングに招待。コルダはコートでグランドスラム8度優勝のアガシと並んで立ち、ネットの向こうには1998年「全豪オープン」覇者である父と、アガシの妻でグランドスラム22回優勝のシュテフィ・グラフ(ドイツ)、という状況に唖然としたと言う。


本日「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)1回戦で世界103位のペドロ・マルティネス(スペイン)と対戦するコルダは、プレッシャーは感じていないという。「“全仏オープン”ではいいプレーをしたいけど、プレッシャーは感じていない。チャンピオンだった父を持つことはプレッシャーだろうと思う人は多いようだけど、そんな風には思わない。僕は自分のしていることが大好きだから」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 デルレイビーチ」でのコルダ
(Photo by Mark Brown/Getty Images)

錦織、大坂出場!全仏オープンテニスWOWOW生中継!
2月に開催された全豪オープンで優勝に輝いた大坂なおみ。"赤土の聖地"を攻略し、全豪に続きグランドスラム2大会連続優勝を狙う。全豪はストレートで初戦敗退、前回大会は2回戦敗退するも、過去に3度ベスト8に進出した実績があり、完全復活を狙う錦織圭の活躍にも注目だ。

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu