マイページ

ATPニュース

フェデラーらテニス選手がFCバルセロナ本拠地など有名スポーツアリーナを訪問

「ATP1000 シンシナティ」でのルブレフ(左)とフェデラー(右)

いつもなら見られる側のテニス界のスターたち、ロジャー・フェデラー(スイス)とアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が、見る側になって有名なスポーツ施設を訪問した。ATP公式ウェブサイトが報じている。

先日の「ATP500 バルセロナ」では準々決勝で敗退したルブレフは、そのままスペインにとどまって、サッカーのFCバルセロナの本拠地であるカンプノウを訪れた。ジョアン・ラポルタ会長直々に世界最大級のサッカースタジアムやミュージアムを案内してもらい、ルブレフの名前入りのユニフォームももらっている。


ルブレフは語った。「巨大なスタジアムだよね。何度かここで試合を見たことがあるけれど、観客で満員の時は本当にすごいんだ…スタジアムが果てしないように感じる。(すべての試合は見られないけれど)大きな試合は見てるよ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)とかね。バルセロナがリーグ優勝することを祈ってる」


一方フェデラーは、スイスのアイスホッケーチームSCベルンを訪問。Instagramのストーリーで、スイス代表チームのメンバーでもあるトーマス・リュフェナハトのロッカーの前に座っている映像を投稿した。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 シンシナティ」でのルブレフ(左)とフェデラー(右)
(Photo by Adam Lacy/Icon Sportswire via Getty Images)

tenniswitch.jpg

今すぐテニスがしたい! そんな人向けの新しいアプリ「テニスイッチ」

「コートが混雑していて、なかなか予約できない」「友人とのプレー日程を合わせるのが難しい」「定期的にスクールへ通う予定が組めない」「練習ではなく試合形式ばかりで上達できない」といった人々の声に応える、新たなサービスが誕生。

「スマホで簡単にテニススクールのレッスンやイベントを1回から利用できる」というもの。

レッスンやイベントを出品、販売したいスクールの申込も受け付け中。

アプリの詳細はこちら

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu