マイページ

ATPニュース

インディアンウェルズ大会、「全米オープン」後に開催か

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフェデラー

まだ正式ではないが、延期されていた「ATP1000 インディアンウェルズ」の今年の開催時期が決まったようだ。本来であれば毎年3月に開催されるが、昨年はカリフォルニア州での新型コロナウイルス感染拡大により中止、今年もコロナ禍の影響で無期延期となっていたので、実現すれば2年半ぶりの開催となる。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じた。

報道によれば、4月初めにATPの選手たちと大会主催者がオンライン・ミーティングを行い、選手会が日程を承諾したという。11月1日開幕の「ATP1000 パリ」の直前に開催される模様だ。


日程はまだ確定ではないが、8月30日から9月12日にかけて行われる「全米オープン」の後に「ATP1000 インディアンウェルズ」が開催されることは期待して良さそうだ。


最後に行われた2019年大会では、同大会優勝5回を誇るロジャー・フェデラー(スイス)が、ドミニク・ティーム(オーストリア)との決勝でフルセットの末に敗れた。フェデラーは2018年大会でもフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に敗れて準優勝に終わっているが、最後に優勝した2017年大会も含めてここ3年連続で決勝に進出している。


2回の膝の手術を経て、今年3月に復帰したフェデラー。相性のいいこの舞台が再度開催された暁には、6度目の優勝を狙うだろうか。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu