マイページ

ATPニュース

錦織「以前よりは自信がある」。トップ10のチチパス戦は「楽しみ」

「ATP1000 マイアミ」での錦織圭

現地27日、「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月24日~4月4日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第28シード錦織圭(日本/日清食品)が世界59位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)を7-6(6)、5-7、6-4で下し、3回戦へ進出した。3回戦では第2シードで世界5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦するが、トップ10との対戦について「以前よりは自信がある」と錦織は記者会見で語った。

この日は日差しが強くて湿度も高く、また風も強いタフなコンディションだった。錦織もベンチでは氷のうを顔に当てており、その暑さがうかがえた。そんな中で第1・2セットでは先にブレークされ苦しい展開だったものの、2時間50分のタフマッチを乗り切った。


直後のオンコートインタビューで「今、たこ焼きみたいな気分ですね」と語っていたが、その大きな理由は湿度だという。


「どっちかというと(暑さより)湿気がきついかなと思います。暑いは暑いんですけど。熱中症で倒れた選手もいてその気持ちが分かるくらい、久しぶりに重いコンディションというか。これでサーフェスが速かったらまだましですけど、プラス遅いのもあり。夏に試合をしている感じが、オーストラリアが涼しかった分ありましたね」


実際、世界316位のJack Draper(イギリス)は1回戦の途中、熱中症でフラフラになり、ラリー中に転倒してそのまま棄権を余儀なくされていた。


錦織は開幕戦となった「ATPカップ」ではいきなりトップ10選手2人と試合し、いずれも敗れた。だが「ATP500 ロッテルダム」と「ATP500 ドバイ」でのベスト8進出を経て、自信はついた。


「自信はありますね、以前よりは。強敵が来たなという感じはありますけど。楽しみなところもありますし、今の自分の実力を試せる場にもなりますし。楽しみの方が大きいかなと思います。自分の実力がしっかり出せればいいなと思います」


「オーストラリアの時と比べたら俄然自信はありますね。あの頃は不安もそうだし、2週間の隔離もあったのでリズムがだいぶ崩されていましたけど。今は勝ちもいくつかあって、自分のふところに自信はだいぶあるので。気持ちの面では大丈夫だと思います」


錦織がトップ10選手から勝利を挙げたのは、2018年11月の「Nitto ATPファイナルズ」で対戦した当時世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)戦が最後。2年4ヶ月ぶりの対トップ10勝利を挙げられるか注目だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マイアミ」での錦織圭
(Photo by Michele Eve Sandberg/Icon Sportswire via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu